• 公開日時:
  • 更新日時:

愛犬が心地よく暮らせる工夫を細部まで。ヴィンテージスタイルの愛犬家住宅。

「愛犬にとって心地よい空間を作ってあげたい」と考えたとき、どんなことに注意してあげればよいのかといえば、「愛犬がストレスを抱えない環境」は1つの大切な要素です。

最近では、便利な愛犬関連の商品がたくさん発売されていて、「より快適な暮らし」「愛犬が喜ぶ商品」を手にされる方も多くなってきましたが、その前提として、愛犬が普段過ごす空間は「ストレスのかからない空間」になっているのかというポイントを忘れてしまっている方も少なくありません。

今回ご紹介させていただく愛犬家住宅は、愛犬がストレス無く暮らすことのできるように、そして、より快適な空間になるように、愛犬のライフスタイルや特性を考慮して、細部までこだわったお宅になっています。

さらに、愛犬だけではなく、そこに住まう人の趣向にもこだわり、ヴィンテージの古き良き落ち着いた雰囲気のデザインを取り入れ、人も愛犬も心地より空間を作り上げました。

この記事の担当AJC:愛犬家住宅コーディネーター 久道 雅史 様

人と愛犬の暮らしを考えたら、みんなの快適に繋がったお家。



愛犬は、もしかしたら家族の誰よりも長い時間、家の中で過ごしているかもしれません。

そう考えると、愛犬にとって快適な住まいを考えてあげるのは家づくりにおいて必然の作業ではないかと思います。ほんの少し、愛犬の目線になって住まいを考えるだけで、人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に過ごせる住まいが見つけられます。

例えば、リビングダイニングは、1つの空間のように見えて、「食事をする空間」「寛ぐ空間」の2つが合わさって1つの空間を形成しています。愛犬にとっても、そんな場所があると暮らしがより快適になっていきます。

この他にも、今回ご紹介する愛犬家住宅は、運動のできる空間や体に負担のかからない家づくり、真夏や真冬でも快適に暮らすことのできる工夫など、細部までこだわって実現した「みんなの快適に繋がった家」になっていますので、家づくりの参考にしてみてください。

家族との距離感を選べる2ヶ所のドッグスペース



愛犬にとって心地よい空間のサイズがあります。

階段下のスペースには、天井を低くした、愛犬が安心して寛ぐことのできる、1人になれる居場所をつくりました。



愛犬にも、1人でゆっくり寛ぎたい時もあれば、家族と一緒に繋がりを持っていたい時もあります。

今回のお宅では、キッチン奥にあるプライベートな空間だけではなく、家族が食事をしたりリビングで寛いでいる時に繋がりを持てるよう、広めの愛犬用スペースを設けています。

ケージの扉や壁には、透明のプラスティックボードを採用し、出来る限り愛犬の視界を遮ることの無いように工夫をしています。

2つの居場所を用意することで、愛犬にとってストレスの無い暮らしを実現することができました。
 

愛犬と暮らすためにこだわったポイント!

家族みんながくつろげるリビングダイニング



高級感のあるヴィンテージスタイルにこだわったリビングダイニングの空間の中にも、愛犬のための工夫がいっぱい詰まっています。

愛犬用のスペースを2ヵ所にした設計の工夫だけでなく、1F全面の床は滑りにくいコーティングを施し、愛犬スペースはクッションフロアを採用し、掃除のしやすい環境を整えました。

また、ニオイを吸収し、キズが付きにくいワンちゃん用の壁紙を採用するなど、仕上げ材にもこだわりました。

1Fのコンセントは、愛犬がいたずらして感電しないよう、通常の位置よりも高めに設置し、安全性の確保も想定して設計段階から対策しています。

オープンリビングにもなるドッグラン!



リビングの先には広いウッドデッキを設置し、オープンリビングのある暮らしを実現しました。

さらにその先には、愛犬が思いっきり走り回ることのできるドッグランスペースを設置し、愛犬が楽しく走り回る姿を眺めながら、ゆっくり寛げる憩いの空間になっています。

柵の高さも大型犬、中型犬でも問題ない高さに設定していますが、飼われるワンちゃんによってどれくらいの高さにするかなどをしっかり検討し、安心安全な設計を心がけましょう。

お世話も楽々な広いインナーテラス。

今回のお家では、玄関横に広いインナーテラスを設置して、愛犬のお世話をしやすい設計にしています。

地面はコンクリート仕上げのため、夏の暑い日には、ひんやりした床でゆっくり寛ぐことも可能です。また、テラス内に設置している足洗い場はお湯も使える仕様とし、冬の寒い時期でも辛い思いをしないで済むように工夫しました。

設計の工夫としては、テラスから室内の土間スペースに直接入れる出入り口も作り、愛犬の導線に対する配慮も行っています。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram