• 公開日時:
  • 更新日時:

愛犬の滑り止め対策はどうしてる?小型犬の足腰を守るためにおすすめの床材をご紹介!

目次

    この記事はプロモーションを含みます。

     

    愛犬が床で滑ったり、歩きづらそうな姿を見ると、不安になる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

     

    特に小型犬や老犬は、滑りやすい床での転倒リスクが高く、注意が必要です。

     

    マットを敷いたり、フロアワックスを塗ったりするなど、さまざまな滑り止め対策がありますが、愛犬の安全と快適さを守るためには、どの方法が最適なのでしょうか。

     

    この記事では、愛犬の健康を第一に考えた滑り止め対策と、おすすめの床材をご紹介します。

    滑り止め対策をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

     

    滑りやすい床で愛犬と暮らすとどうなる?

    一般的なフローリングは見た目が美しくお手入れもしやすいですが、犬にとっては滑りやすく、安全に歩行することが難しい環境です。

     

    犬は本来、土や草の上を歩くことに適応しているため、フローリングのような滑りやすい表面では、安定した歩行が難しくなります。

    高齢の犬や、関節に問題を持つ犬にとっては特に危険です。

     

    滑りやすい床での生活は、愛犬がバランスを崩しやすくなるため、関節や筋肉に余計な負担をかけることにつながります。

     

    たとえば、遊びや日常の動作で急に方向を変えたり、立ち上がろうとしたりする際に滑ってしまい、肉球や足首、膝などに無理な力がかかることがあります。

    これが繰り返されると、関節疾患のリスクが高まり、最悪の場合は手術が必要になるケースもあるのです。

     

    また、滑りやすい床での生活は、愛犬の運動能力にも長期的な影響を与えかねません。

    運動が制限されることで筋力が低下し、さらにバランスを取ることが難しくなる悪循環に陥る可能性もあるでしょう。

     

    さらに、床で滑ってしまう経験は、愛犬にとって恐怖の原因となり得ます。

    滑ることで自信を失い、その場所を避けるようになるかもしれません。

     

    これは、愛犬の精神的な健康にも影響を与え、ストレスや不安を抱える原因になると考えられます。

     

    以上のことから、愛犬がフローリングの上でも安心して過ごせるよう、飼い主さんは滑り止め対策を行うことが大切です。

     

    一般的な滑り止め対策のメリットとデメリット

    一般的には、どのような滑り止め対策が行われているのでしょうか。

    ここでは、フローリングで愛犬が滑らないようにするための7つの対策について、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

     

    マットやカーペットを敷く

    愛犬がフローリングで滑らないようにする最も手軽な方法は、マットやカーペットを敷くことです。

    足元にグリップが生まれ、転倒や関節への負担を減らすことにつながります。

     

    ただし、マットがずれたり、端がめくれてつまずく原因になることもあるので注意が必要です。

     

    また、フローリングだけの場合と比べてダニの発生リスクが高まるため、定期的な洗濯や掃除など、お手入れの手間が発生することも考えなければならないでしょう。

     

    さらに、インテリアを邪魔してしまい、お部屋がスッキリしてみえないこともあるかもしれません。

     

    滑り止めワックスを塗る

    フローリングの表面に滑り止めワックスを塗ることで、愛犬の滑りを防ぐことにつながります。

     

    ワックスは透明で目立たず、床の見た目を損なわないのがメリットです。

    しかし、効果が持続する期間は限られており、定期的な塗り直しが必要になります。

     

    また、床材によっては使用できない場合もあるため、事前の確認が大切です。

     

    滑り止めシートを貼る

    滑り止めシートは、粘着性のあるシートをフローリングに貼り付けることで滑りを防ぎます。

    取り付けが簡単で、必要な場所にのみ貼ることができるのが魅力です。

     

    しかし、シートが剥がれやすい、見た目が目立つなどのデメリットもあります。

    また、床へのダメージを避けるためには、剥がす際にも注意が必要です。

     

    ペット専用のフロアコーティングを施す

    ペット専用のフロアコーティングは、床全体に滑り止めのコーティング剤を施す方法です。

    長期間にわたって効果が持続し、ワックスと違い、メンテナンスの手間が少ないのが大きなメリットです。

     

    ワックスは定期的な再塗布が必要で、耐久性は比較的短いという特徴があります。

    一方で、フロアコーティングは一度施工すると長期間持続し、基本的にはメンテナンスが不要です。

     

    床材を選ばず施工できるものもありますが、材質によっては向かない場合もあるため、専門業者の意見を聞くことをおすすめします。

     

    ペット用フローリングにする

    ペット用フローリングは、表面に特殊な加工が施され、ペットの足腰への負担に配慮された床材です。

    一般的なフローリングに比べて、滑りにくい素材で作られているため、愛犬が家の中を走り回ってもケガや事故を減らすことが期待できます。

     

    また、多くのペット用フローリングは耐久性が高く、爪による傷や汚れにも強いため、長期間にわたって美観を保つことができます。

    中には撥水性や防汚性が高いものもあり、愛犬のよだれやトイレの失敗があっても衛生的な環境を維持しやすく、飼い主さんにとってもメリットが多いです。

     

    さらに、ペットにも安全な素材でつくられているため、愛犬が床を舐めても安心できます。

    特に高齢の犬や関節に問題を抱える犬にとって最適で、愛犬のことを考えると「最も安全な選択肢」と言えるでしょう。

     

    愛犬の足のケアを行う

    愛犬の足のケアも滑り止め対策の一つです。

    定期的に爪を切り、足裏の毛をトリミングすることで、フローリングに足がしっかりと接地しやすくなります。

     

    ただし、足のケアだけでは不十分な場合が多く、他の対策と合わせて行うことがおすすめです。

     

    滑り止め靴下やシューズを履かせる

    愛犬に滑り止め靴下やシューズを履かせることも、滑りを防ぐ効果的な方法です。

    足元の保護にもなり、外出時には足の怪我防止にも役立ちます。

     

    ただし、犬によっては履くことに抵抗を感じる場合があるため、慣れさせる時間が必要です。

    また、サイズ選びが重要で、大きすぎたり小さすぎたりすると、かえって歩行を妨げることになりかねません。

     

    愛犬も飼い主さんも快適なペット用フローリング

    愛犬の滑り止め対策にはさまざまな方法がありますが、ここでは特におすすめな「ペット用フローリング」について詳しくご紹介していきます。

     

    ペット用フローリングのメリット

    ペット用フローリングには、主に以下の3つのメリットがあります。

     
    • 特殊な表面加工で滑りにくい
    • 爪や歯による傷に強い
    • 撥水加工で掃除がしやすい
     

    ペット用フローリングは、滑りにくい表面加工が施されており、愛犬が安心して動き回れる環境づくりに最適です。

     

    また、爪による傷がつきにくい素材を使用している床材も多いため、飼い主さんもフローリングの傷みを気にせずに済みます。

     

    さらに、撥水性に優れたペット用フローリングも多く、汚れが落ちやすいというメリットもあります。

    愛犬がうっかりお漏らしをしてしまっても、サッと拭き取れる素材であれば、衛生的な環境を保ちやすいです。

     

    ペット用フローリングのデメリット

    ペット用フローリングを検討する際には、以下の3つのデメリットがある点も考えなければなりません。

     
    • 一般的なフローリングよりも価格が高い傾向にある
    • 張り替えの手間がかかる
    • デザインや色の選択肢が限られている場合がある
     

    ペット用フローリングは通常のフローリングよりも価格が高いことがありますが、その耐久性と機能性を考えると、長期的にはコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

     

    また、ペット用フローリングは傷や汚れに強く、長持ちするため張り替えは不要です。

    頻繁な修理やメンテナンスの必要が少なく、長い目で見れば経済的と言えるのではないでしょうか。

     

    現在の床材から張り替える場合には一手間かかりますが、愛犬との快適な生活空間を提供するためと考えれば、その手間も有意義なものとなるでしょう。

     

    ペット用フローリングは、デザインや色の選択肢が限られている場合が多いです。

    しかし、中には見た目にもこだわっているペット用フローリングもあり、ナチュラルな木目調からモダンなデザインまで、お部屋のインテリアに合わせて選ぶことも可能です。

     

    ペット用フローリングならDAIKENの「ワンラブフロアV」

    引用:大建工業株式会社

     

    ペット用フローリングをお考えの方におすすめしたいのが、DAIKENが展開する「ワンラブフロアV(ファイブ)」です。

    ここでは、さまざまな種類が販売されているペット用フローリングの中でも、「ワンラブフロアV」がおすすめな理由をご紹介します。

     

    小型犬の歩きやすさに配慮した床材

    「ワンラブフロアシリーズ」は、住宅用建材の大手メーカー「大建工業株式会社(DAIKEN)」が手がける、小型犬の歩きやすさに配慮し、足腰のことが考えられた床材です。

    愛犬の快適な歩行を生み出す、特殊な表面仕上げが施されています。

     

    引用:大建工業株式会社

     

    以下の動画では、一般のフロアと「ワンラブフロア」を比較しています。

     

    【DAIKEN】ワンラブフロア - 足腰にやさしいペット用床材【フローリング・床材】

     

    一般のフロアでは滑っていた小型犬ですが、同じ傾斜の坂道でも「ワンラブフロア」の上では、スムーズに昇り降りできていることが分かります。

     

    愛犬の足元にグリップを生み出し、安定した歩行をサポートするのが最大の特徴です。

     

    傷や汚れが付きにくくお手入れがしやすい

    愛犬と暮らすお家では、床の傷や汚れも気になりますよね。

     

    「ワンラブフロアV」は、プラスチックキャスターや車イスにも対応しているほど、すり傷や凹み傷が付きにくく、目立ちにくいのが特徴です。

    愛犬の爪による傷や、遊びに夢中で物を倒してしまったときでも、傷がつきにくいので安心できます。

     

    また、よだれやトイレの失敗、吐き戻しなどによる汚れにも強さを発揮します。

    サッと拭くだけで汚れが取れやすいため、お手入れもしやすいです。

     

    9色の豊富なカラーバリエーション

    ペット用フローリングは「デザインや色の選択肢が限られている」というイメージをお持ちの飼い主さんも多いかもしれませんが、「ワンラブフロアV」には豊富なカラーバリエーションがあります。

     
    • ネオホワイト
    • クリアベージュ
    • ミルベージュ
    • ライトオーカー
    • ペールグレー(New)
    • ティーブラウン
    • トープグレー
    • マロンブラウン
    • ダルブラウン
     

    前シリーズのワンラブフロアIVに「ペールグレー」が追加され、9色を展開しています。

     

    引用:大建工業株式会社

     

    家具とのコーディネートを楽しみたい方でも、お部屋の雰囲気に合わせたカラーを選べるでしょう。

     

    インテリアの邪魔をしないおしゃれな見た目

    「ワンラブフロアV」は、高級感のあるおしゃれな空間を演出するのにぴったりの床材です。

     

    ドラマセットの採用実績もあり、ワンちゃんが登場するおしゃれなお家の床材にも採用されています。

    ドラマセット採用事例はこちらをチェックしてみてください。

     

    ペット用フローリングとしての機能性はもちろん、おしゃれで洗練されたデザインも「ワンラブフロアV」のおすすめポイントです。

     

    環境へ配慮した素材を使用

    「ワンラブフロアV」はラワン材を使用しない、環境へ配慮した床材です。

     

    「ラワン」とは床材に使用する合板基材になりますが、地球温暖化の抑制や南洋材の保護、生態系の維持を目的に、その伐採や使用が規制されております。

     

    DAIKENではそのような環境への取り組みの一環として、ラワン材の使用をなくし、植林木や国産材の使用へ切り替えているそうです。

     

    持続可能な森林管理を支援することは、SDGsの達成にもつながります。

     

    「ワンラブフロアⅤ」は「国産材」と木質ボードの一種である「MDF」を基材とした「Eハードベース」が使用されております。

     

    ラワン材を使用しない「ワンラブフロアⅤ」は、環境にも人やペットの健康にも優しい選択と言えるでしょう。

     

    実際に「ワンラブフロアV」のサンプルを触ってみました

    「ワンラブフロアV」のサンプルを触ってみると、木の温もりを感じる一方で、表面の硬さを実感しました。

    爪で少し押してみても表面が凹むこともなく、傷に強いことにも納得です。

     

    光沢感があるというよりはマットな仕上がりで、高級感を感じます。

    9色のカラーバリエーションはどれも素敵で、どの色を選んでもおしゃれなお部屋になると想像ができました。

     

    9枚のサンプルを床に敷き詰めてみたら、我が家の愛犬がやってきて、クンクンした後に上に乗って寛いでいました。

    どうやら、サンプルにもかかわらず気に入ったようです。

     

    表面はややザラザラしていて、確かに滑りにくさを感じます。

    肉球との相性も良さそうで、フローリングというよりは天然の木材の上を歩く感覚に近そうです。

     

    気になる方は、ぜひDAIKEN「ワンラブフロアV」のホームページをチェックしてみてください。

     

    愛犬との安心・安全で快適な生活のために

    滑り止め対策にはカーペットやワックスなどさまざまな方法がありますが、滑りやすい床自体を「滑りにくい床材」に変える方法は、根本的な解決につながります。

     

    ペット用フローリングであれば、ペットの滑り止めやお手入れのしやすさに配慮されているものが多く、愛犬も飼い主さんも快適に過ごせるでしょう。

     

    中でも、小型犬の足腰に配慮した「ワンラブフロアV」がおすすめで、愛犬の安全対策だけでなく、傷や汚れが付きにくい上に、洗練された空間の演出にも最適です。

     

    愛犬の健康と快適な暮らしを守るためにも、愛犬に優しいフローリングを選んでみてはいかがでしょうか。

     

    DAIKEN「ワンラブフロアV」のホームページはこちら

    この記事を書いたペットとの暮らしの専門家

    AMILIEライター

    エリア:東京都

    愛犬家住宅コーディネーター