株式会社伊藤光建設

公式サイトへ

長生きできる家でワンちゃんに幸せを 末永く愛せる「200年の家づくり」

青森の風土に合わせて提案賃貸物件、リフォームも対応


 「スタイリッシュな空間か」「北欧風のかわいらしい家」など、家づくりにおいてデザインは重要な要素だ。しかしそこに十分な性能が備わっていなければ、長く安心して暮らすことは難しいだろう。
 伊藤光建設が提案するのは、デザインと機能を兼ね備えたバランス住宅だ。流行を追うのではなく、むしろ懐かしさを感じられる木の家。家事や収納といった日常のニーズを考え抜いた間取り。そして、冬を暖かく、夏を涼しく過ごすことができる断熱性能。住まいに求められる機能をあますことなく、かつ効率的に取り入れているのだ。時が経っても飽きがこず、十分な耐久性を備えているため、次の世代、さらに次の世代へと住み継げる「200年住宅」も夢ではない。さらに、創業以来、青森に根付いて建築に携わっているため、エリアごとの風向きや雪の降り方に合わせた緻密なプランニングも得意としている。
愛犬家住宅には2020年に加盟。快適な温熱環境は人とペット双方にとって長生きにつながり、幸せな時間がより増えるとの考えからだ。現在ワンちゃんを飼っている人はもちろん、将来飼いたいと考えている人や、ペット可の賃貸物件を検討しているオーナー向けにも、愛犬家住宅の提案の準備を整えている。
お昼寝やおむつ替えに重宝する畳のスペースは、子育て世帯に人気。かわいらしい柄のクロスでアクセントを加えました。
ダイニングセットも床材と同じ色味でコーディネート。窓際のカウンターはテレワークや宿題に便利です。
柱や梁を室内に現す、伝統の「真壁工法」を採用。構造材が呼吸して、快適な空気環境に整えます。
吹き抜けに沿って1周できる回廊。子ども心にも楽しい提案です。一部を勾配天井としているため、より開放感を感じられます。
手すりから階下をのぞき込めば、LDKを一望。上下階で互いの気配を感じて会話もできます。


多彩な現場経験を活かして人も動物も心地いい住空間を提案

代表取締役社長/伊藤 幸生
1973年、青森県青森市生まれ。建築現場で経験を積んだのち、ハウスメーカーの営業職に。2001年に青森にIターンし、伊藤光建設に入社。2020年より代表取締役。愛犬はカニンヘンダックス(女の子)。

 当社は青森県青森市で創業し、今年で44年目を迎えます。長らく創業者である父が社長を務めてきましたが、2020年4月に経営を受け継ぎ、わたしが代表取締役となりました。
 伊藤光建設に入社したのは27歳の時です。前職では基礎や設備、足場、大工手伝いなど、建築に関わる仕事に携わっていました。その後、仙台で「カネカソーラーサーキットのお家」の営業を担当。高気密・高断熱の家づくりについて多くを学びました。伊藤光建設に入社してからは、営業担当としてお客様の家づくりをお手伝いしてきました。打ち合わせの仕方や建材、商材など大手メーカーとは勝手が違い、これもすべて現場で学んできました。周囲のスタッフに助けられながら、何とかここまでやってくることができたと思っています。
 現在当社では、サイエンスホームカネカソーラーサーキットのお家など、先進の技術を取り入れた家づくりを積極的に行っています。愛犬家住宅についても、これからの暮らしを見据えた非常に意義のある家づくりだと感じました。家で過ごす時間が長くなっている今、ペットとの暮らしが注目されています。わたし自身も1歳半のカニヘンダックスの女の子と暮らしていまして、人もペットも快適な家づくりというものを考えてきました。高性能住宅でつくる健康的で快適な「温房」「涼房」の空間は、人も動物も健康にしてくれます。また、さまざまな事情で飼いきれなくなって殺処分となってしまうワンちゃんを1匹でも減らしたい、安らぎの住まいで寿命を全うさせてあげたいという想いもあります。
 今後、愛犬家住宅のご提案を通して、皆さまにより快適で幸せを感じられる住まいをお届けしたいと思っています。愛犬家住宅コーディネーターの資格はわたしを含めて3名が取得しました。愛犬家住宅をご検討の方に向けた相談会や説明会も開催予定です。新築だけでなく、ワンちゃん仕様のリフォームの相談も承っています。家づくりに限らず、お困りのことがありましたら気軽にご相談ください。

スタッフ

伊藤 玲子/専務取締役、愛犬家住宅コーディネーター
昔から猫・犬と暮らしていて、とても癒されてきました。今はカニヘンダックスを飼っています。ワンちゃん・ネコちゃんは人の心を豊かにしてくれますね。お互いが幸せに暮らせるような住まいづくりを一緒に考えましょう。

工藤誠子/営業、愛犬家住宅コーディネーター
大型犬と小型犬を飼っていますが、犬種が違うと性格も違い、家の中の使い方も変わってきます。視点を少し下げて犬目線に近づき、人も犬もストレスを感じず健康で楽しく暮らせる家をつくっていきたいです。

モデルハウス


ほっこりとぬくもりを感じられる、ひのきの家。吹き抜けの開放感や無垢材の肌ざわりなどは、写真では伝えきれません。「懐かしいのに新しい」真壁づくりの家の魅力を、ぜひモデルハウスで体感してください。

青葉モデルハウス
青森県青森市青葉3-10-31

愛犬・愛猫と暮らしたい街 青森市ガイド


青森県の中央部に位置し、本州と北海道をつなぐ交通の要所でもある青森市。
ペットとの暮らしに欠かせない施設やお店も充実しています。
愛犬家・愛猫家の皆さまにお役立ていただきたい、魅力的なスポットと情報をご紹介します。
 

動物と飼い主をつなぐ保護猫ハウス「こころ」



保護猫ハウス「こころ」代表
保木千春さん

「ほき動物クリニック」スタッフ、ドッグトレーナー。クリニックで捨て猫を受け入れていたことから、保護猫ハウス「こころ」をオープン。

 保護猫ハウス「こころ」では、保護されたネコちゃんを一時的にお預かりして、新しいご家族とつなぐ活動をしています。譲渡するときは、必ず直接会いに来ていただき、ネコちゃんの性格や飼い主さんのライフスタイルとマッチする子をご紹介するようにしています。

 保護猫の中には、人間から虐待を受けてとても臆病になっている子や、ケガや障害があって特別なケアが必要な子もいます。ハンデがある子を積極的に引き取りたいと言ってくださる方が増えてきたことは嬉しい限りですね。

 ネコちゃんを飼う際は、環境をきちんと整えていただくことも重要です。窓辺にいたネコちゃんが網戸ごと落下していなくなってしまったり、ドアのちょっとした隙間をすり抜けて脱走してしまったりと、意外なところに危険が潜んでいます。床がすべりやすいとブレーキが利かず足を痛める危険もあります。固くてつるつるのフローリングよりは、少し引っ掛かりのある無垢材や柔らかいクッションフロアの方がケガのリスクは抑えられるでしょう。


より詳しい記事は
https://pet-lifestyle.com/blogs/view/198


「こころ」で新しい家族との出会いを待つネコちゃん。さまざまな事情でここにやってきました。


生後間もない子猫も。丁寧なケアで健康に育っています。


一匹一匹、習性や性格が異なります。実際に会って相性を確かめています。

ペットリフォームもおまかせください

伊藤光建設ではペットリフォームにも対応。滑りにくい床材やネコちゃんが引っ掻いても破れない網戸を使い、ワンちゃん・ネコちゃんと暮らしやすい住宅をお届けしています。無垢材や漆喰を使った住まいは人にも動物にも優しく、外張り断熱で冬も暖か。新築もリフォームも、ぜひご相談ください。


柱や梁が室内に見える「真壁工法」を採用。良質な無垢材に包まれる、癒しの木の家です。


思いっきり走り回れるドッグラン。バーベキューや水遊びすることを考えて中央にタイルを施工しました。

青森市のペット愛好家向けタウンマップを作成しました



 

AMILIE MAGAZINE掲載誌面AMILIE MAGAZINE掲載誌面

この企業の資料請求をする

必須お名前

※エラーアラート表示エラーアラート表示

必須お名前カナ

※エラーアラート表示エラーアラート表示

必須メールアドレス
任意電話番号

※エラーアラート表示エラーアラート表示

任意住所

※エラーアラート表示エラーアラート表示

必須問い合わせ種別


企業の住所

〒030-0852
青森県青森市大野若宮140-29

この会社の愛犬家住宅コーディネーター

伊藤 幸生

エリア:青森県

愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅住まいづくり倶楽部

伊藤 玲子

エリア:青森県

愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅住まいづくり倶楽部