• 公開日時:
  • 更新日時:

「愛犬と一緒に子ども達も成長する」そんな子育て家族のための愛犬家住宅。

「家賃もったいないし、子どもたちのためにもマイホームを建ててあげたいなぁ」と誰もが思うことかもしれません。夢にまで見た「自分たち家族のためのマイホーム」です。これから始まる新しいお家での生活を想像するだけでワクワクしてしまいます。

そんなワクワクの中に、アパート暮らしでは実現できなかった「愛犬と一緒に暮らす」という夢を持たれる方も少なくありません。

しかし、そのほとんどが、実際にマイホームを建築してから愛犬を探しをはじめるため、せっかく新しい家を建てたにもかかわらず、愛犬のための設備が無かったり、家族と一緒に過ごせるスペースが無かったりなど、「こうしておけば良かったなぁ」と感じることもしばしば。中には、愛犬を室内で育てるには不向きな家になってしまうこともあります。



今回ご紹介する「子育て世代の愛犬家住宅」は、「こうしておけば良かった」が無い、愛犬と一緒に暮らすことを前提に建てた住宅です。

子どもの成長や教育にも「愛犬」と一緒に暮らすことで、命の大切さを学んだり、お世話をすることで、相手の気持ちを察し、自分で考えて行動できるようになっていきます。これからマイホームを計画される愛犬家のみなさんは、ぜひ参考にしてみてください。
 

これからの家は、高性能であることも重要‼︎


今回ご紹介する住宅は、「ZEH」いわゆるネットゼロエネルギー住宅と呼ばれる住宅で、太陽光発電システムで発電する電気と、暮らしで消費する電気がプラスマイナスゼロになるよう、電気代が掛からないように計算されたこれからの住宅になっています。

このような住宅にするためには、「断熱材」の量もしっかり計算し、より効率の良い高性能な家にする必要があります。

高性能な家は、家のどこにいても快適に過ごすことができ、土間といったスペースでも寒くならないため、愛犬にとっても快適な空間を実現することが可能です。
 

子育て世代の愛犬家住宅チェックポイント!

大きな玄関土間は愛犬スペースにも!

大きな玄関
玄関を入ると大きな玄関土間があり、子ども達の荷物や道具を置いておくことも可能。
大きなスペースを確保したので、愛犬が1人でゆっくりしたい時や、夏の暑いときにはタイルでひんやり気持ちよく過ごすこともできる、くつろぎの場になりました。また、タイルなのでお掃除も楽になるのがうれしいですね。

大きな吹抜けで開放感いっぱい!

高性能な住宅は、大きな吹き抜けを作っても夏涼しく冬は暖かく室内を保てるため、開放感いっぱいの家族が寛げる空間ができました。

お庭には木製の柵を作ってドッグランに!

リビングに面したお庭にドッグランを作りました。天気の良い日やお友達のワンコが遊びにきた時など、ここで楽しく遊べますね。注文住宅だからできる、建物とマッチした可愛らしい木製の柵で素敵なドッグランになりました。
 

子育てと愛犬の成長を見守る工夫もいっぱい!素材選びや造作で、より暮らしやすい空間を演出。

お庭は家族みんなの憩いのスペースへ

お庭は家族みんなの憩いのスペース
愛犬が思い切り走り回れるようにつくったお庭は、子どもたちにとっても大切な遊び場です。愛犬と一緒に走り回ったり、夏にはプールを作って水遊びもできるようにしました。

また、ウッドデッキと階段を作ることで、家族がそれぞれの過ごし方で一緒の空間に集まれるコミュニケーションの場になっています。

キッチン収納は扉を付けて安全性を考慮!

室内で愛犬と暮らす、愛犬が自由に室内を移動できるといった暮らしを表現するには、ちょっとした危険への配慮も欠かせません。

例えば、キッチン周辺に収納する食器や料理器具なども、ヤンチャな愛犬にとってはオモチャになってしまいます。特に食器やコップなどは落として割れてしまうと非常に危険です。そういったことの無いよう、キッチン裏の収納スペースには扉を設置して、使わない時は締めておくと安全な暮らしを実現することが可能になります。

階段の下は愛犬の憩いのスペースへ

階段下
愛犬にとって「安心できる空間」の存在は、ストレスのかからない快適な暮らしに欠かせません。

今回のお家では、愛犬が1人になりたい時には、階段下のスペースでゆっくりできるように、2つのシーンに合わせた「愛犬の居場所」を作りました。そして、24時間換気システムを採用することで、カビやダニ、花粉などを大幅にカットでき、人間はもちろん、愛犬にとっても健康で快適な空間になっています。
 

「災害に強い家」は愛犬家住宅のスタンダード

災害に強い家

ここ最近、全国各地で災害のニュースがメディアを賑わせ、その度に、「ペット」の問題がクローズアップされています。

ペットと一緒に暮らすライフスタイルが確立された今でも、まだまだ多くの避難所では「ペット同伴禁止」になってしまっている現実があります。

愛犬家の多くは、「家族同様に暮らしているペットと離れるのは可哀そう」「離れるわけにはいかない」ということで、避難所の駐車場で車に寝泊まりするといったケースも見受けられます。そういった事情から、「大きな地震にもしっかり耐える丈夫な家」は愛犬家にとってのスタンダードになってきました。様々なケースを想定して、自分たち家族に合った「愛犬家住宅」を作り上げていきたいですね。


この記事の担当AJC:株式会社櫻井建設 櫻井靖様

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram