• 公開日時:
  • 更新日時:

「愛犬家」が愛犬のために考えたマイホーム 細かい部分まで徹底的にこだわった理想の一戸建て。

「真の愛犬家が愛犬のために考えた理想の一戸建て」がカタチになった、これからマイホームを考えられている方にとってお手本になる工夫がいっぱい詰まったお家になりました。

N様ご夫婦の家づくりは、打ち合わせスタート時点から「愛犬のための家」がテーマになっており、愛犬が暮らしやすい環境を実現するために、細かい部分までトコトンこだわりました。

そのこだわりポイントは、大きく分けると、「愛犬のための工夫」と「近隣の方への配慮」の2つに分類することができ、特に「近隣の方への配慮」では、犬の特性をしっかり考慮して「起こりそうなトラブル」を未然に防ぐ工夫が満載です。例えば、「人の気配を感じるとついつい吠えてしまう愛犬」を飼っている方が心配するトラブルの1つに「お隣の方が庭に出ているときに吠え続けてしまい嫌がられてしまう」という問題がありますが、そういった問題も事前に対処することで近隣との関係も円滑になり、その結果、愛犬にとって暮らしやすい環境を実現することが可能になります。「一戸建てを建てればペットが飼える」と思い愛犬を飼い始める方も多いようですが、分譲地など隣の家との距離が近い場所では、ちょっとしたことで近隣との関係を悪くしてしまうこともあります。
 せっかくマイホームを建て、憧れだった愛犬との暮らしを実現したにも拘らず、そのような事態になっては、楽しいはずの毎日が近隣の目を気にして窮屈になってしまいます。

N様のマイホームは、そういったことも事前に対処した「愛犬家が愛犬のために考えた理想の一戸建て」になりました。今回は、そんな施主と住宅会社がアイディアを出し合って作り上げたマイホームのカタチをご紹介させていただきます。

この記事の事例を担当したAJC:株式会社ゆうわ 小野田 強 様
 

愛犬が自由に遊べる空間。愛犬家だからわかる工夫。

屋上の写真
N様のマイホームには、愛犬のための工夫がたくさん詰まっていますが、その中でも特徴的な工夫の一つに「屋上ドッグラン」が挙げられます。

愛犬家のご主人のご要望で、なんと、屋上に「天然芝」の大きなドッグランを造ってしまいました。木造住宅の屋上に天然芝の庭園を造ることは容易ではなく、特別な施工が必要となります。

しかし、そのメリットはとても多く、愛犬が「いつでも自由に走り回ることができる」こと、散歩に行けない日でもドッグランで走り回ることで愛犬のストレスも軽減できます。また、ペットの尿などの臭いは下から上に上がっていくため、屋上で尿をしても周辺に臭いが広がらず、上空へと抜けていくのでご近所への配慮もできるようになっています。

テラスの写真

また、1階テラスの工夫では「目隠し」をすることで、お隣さんにも配慮しました。愛犬の暮らしやすさにも、近隣の方への配慮もしっかり考えた、愛犬家ならではの工夫がいっぱい詰まったマイホームになりました。

「愛犬にとって健康的で暮らしやすい家」そして、自分たちも暮らしやすい家を考えました。

室内の写真

N様の家づくりは、まさに「愛犬のための家づくり」となりました。

元々暮らしていたお家は、犬と安心して暮らせる家ではありませんでした。

たとえば「板と板の隙間に爪を引っ掛けてしまうことがあり、爪が剥がれてしまう」、「階段を登ることはできるが、降りてくる時は滑ってしまうので降りられないことがある」、「床が滑りやすく歩きづらそう」といったことに悩まれていたそうです。

また、外出時にお留守番をさせる際にはケージに入れていたようですが、地震の際、そのケージにタンスの上の荷物が落ちてきて埋もれてしまったこともあったそうです。

ご自身のご要望としては、部屋が古く狭くなってしまったこと、家電導線の使い勝手が悪いということで、新しい家を建てようということになりました。

N様ご夫婦は相当の愛犬家ということもあり、愛犬のためのアイデアや間取りのちょっとした工夫のポイントもご自身で考えられました。

上の写真は工夫のホンの一部ですが、2階の吹き抜けに面した廊下では、ホンの少しだけ立ち上がりをつけて、おっちょこちょいな愛犬が誤って転落しないようにする工夫や、ストレスなく家中を走り回れるようにしてあげるために、各部屋のドアとは別に、愛犬だけが通れる小さな通路を作り、いつでもどこでも行きたいところへ行けるようにしてあげるといった工夫など「愛犬家だからわかる」アイデアが随所に見られます。

愛犬だけの通路
 

「ドッグランでBBQも楽しめる!」家事導線もしっかり考えた、私たちにもうれしいお家に。

外観写真

家づくりをスタートするときから建てる会社は決めていたというN様。愛犬のための家づくりということで、自分たちの中にしっかり「イメージ」を持って打ち合わせに臨みました。そんなN様の「家を建てた後の感想」をご紹介します。

テラス写真

「屋上にドッグランを作りたい!という想いにもしっかり応えてくれて、今では愛犬のドッグランとしてだけではなく、私たちの憩いの場になっています。」とN様。

実は、木造住宅の屋上に天然芝を敷き詰めると言うことは、土壌や水分など、家に負担をかける「重み」が問題になってきます。

普通の施工方法では、作ることは出来ても、何年も荷重に耐えることは困難なのです。そんな要望にも「専門家」を探してアドバイスを求めたりと、徹底的に調べ、負荷の少ない作り方で実現してくれました。

ケージ写真

また、愛犬のためのアイデアはたくさん持っていたのですが、「自分たちの暮らしやすさを両立させるアイデア、間取りの工夫」はあまり持ってなく、「現場監督さんがいろんなアドバイスをしてくれたことも本当にうれしかったです。柵の位置や高さなども自分に合うように親身になって対応してくれたり、家事導線なども過去の物件で培ってきたノウハウをたくさん教えてくれて、私たちの家でも『ここはこうした方が使いやすいかもしれませんよ!』といったアドバイスをくれてうれしかったです」とのこと。

愛犬にも近隣住民にも、そしてN様ご家族の暮らしにとっても満足できる、良いこと尽くしの「健康的な愛犬家のお家」が出来上がりました。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram