【ペットの吠えグセ対策】ご近所トラブル防止には愛犬の特性や習性を考慮

「愛犬家」が愛犬のために考えたマイホーム 細かい部分まで徹底的にこだわった理想の一戸建て。

「真の愛犬家が愛犬のために考えた理想の一戸建て」がカタチになった、これからマイホームを考えられている方にとってお手本になる工夫がいっぱい詰まったお家。

こちらの家づくりは、打ち合わせスタート時点から「愛犬のための家」がテーマになっており、愛犬が暮らしやすい環境を実現するために、細かい部分までトコトンこだわりました。

そのこだわりポイントは、大きく分けると、「愛犬のための工夫」と「近隣の方への配慮」の2つに分類することができ、特に「近隣の方への配慮」では、犬の特徴をしっかり考慮して「起こりそうなトラブル」を未然に防ぐ工夫が満載です。

例えば、「人の気配を感じるとついつい吠えてしまう愛犬」を飼っている方が遭遇するトラブルの1つに「お隣の方が庭に出ているときに吠え続けてしまい嫌がられてしまう」と言う問題がありますが、そういった問題も事前に対処することで近隣との関係も円滑になり、その結果、愛犬にとって暮らしやすい環境を実現することが可能になります。

「一戸建てを建てればペットが飼える」と思い愛犬を飼い始める方も多いようですが、分譲地など隣の家との距離が近い場所では、ちょっとしたことで近隣との関係を悪くしてしまうこともあります。

せっかくマイホームを建て、憧れだった愛犬との暮らしを実現したにもかかわらず、そのような事態になっては、楽しいはずの毎日が近隣の目を気にして窮屈になってしまいます。そういったことも事前に対処すると「愛犬家が愛犬のために考えた理想の一戸建て」になります。


この記事の事例を担当したAJC:株式会社ゆうわ 小野田 強 様

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram