• 公開日時:
  • 更新日時:

犬が無駄吠えする理由を理解し正しい対策を!

インターフォンが鳴ると、しばらく愛犬の鳴き声がやまない。
興奮するとずっと吠えているけど、どうしたらいいか分からない。
 
そんな悩みを抱えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?
特に犬の鳴き声は遠くまで響きますので、ご近所のことを考えても気になりますよね。
 
そこで、今回は犬が無駄吠えする理由と、それを防ぐ対策についてご紹介します。

愛犬が吠える理由を理解しよう!



犬は太古の昔より人間の良きパートナーとして生活してきました。
狩猟犬や牧羊犬のように、吠えることで人間の仕事を手助けしてきましたが、現代はほとんどの犬がペット化しています。
 「吠える」という行為は、犬にとってコミュニケーションの手段ですので、完全に止めさせるわけにはいきませんが、少しでも愛犬の気持ちを理解できたらいいですよね。
 
犬が吠えるには、大きく分類すると3つの理由が考えられます。
 

警戒している時

犬は縄張り意識の強い動物です。
そのため自分のテリトリーに侵入してくる人や動物に対し警戒心が強いです。
また、恐怖心から威嚇する理由で吠える場合もあります。

警戒吠えの例
・窓から見える通行人や話し声などに反応し吠える。
・インターフォンの音が鳴ると吠える。
・散歩中に他の犬や人に吠えるなど。
 

興奮している時

犬は喜怒哀楽が豊かな動物です。
特にうれしい時などは、飼い主の声も耳に届かないほど興奮しやすいです。
 
興奮吠えの例
・飼い主の帰宅時などうれしい時。
・怒っている時。
・遊んでいる時など。
 
 

要求がある時

 犬は飼い主に要求がある時、吠えることで気持ちを伝えようとします。
 
要求吠えの例
 ・飼い主が食事中に食べ物を要求する。
・ケージから出たい。
・散歩に行きたい、遊んでほしいなど。
 
このように犬が吠えるには様々な理由があります。
そうした理由を理解した上で、過剰な無駄吠えを少しでも防げたらいいですよね。

状況に応じた無駄吠え対策を



犬の無駄吠えはしつけによって対策できる部分と、環境を少し変えることで軽減できることがあります。
その時々の状況や愛犬が吠える理由によって、どちらの対策が有効なのかが変わってきます。そのため、状況に応じた対策を立てることが大切です。
 

インターフォンの音に反応する場合

インターフォンの音は、「知らない人が来た」という合図となり、警戒を強める犬が多いです。
反対に歓迎の意味で吠える場合もありますが、どちらにしても、まずは犬を落ち着かせることです。
 
落ち着かせる効果的な方法は、犬にハウスを覚えさせることです。
 
しつけの部分となりますが、インターフォンが鳴ったら犬に「ハウス」の指示をだし、犬のクレートやケージに誘導します。
ハウスが成功すれば、犬におやつをあげて褒めてあげます。
 
それを繰り返し練習することで、インターフォンの音に対しての警戒心も解けてきます。
また、ハウスをすれば安心できることが分かれば、自然と無駄吠えも軽減してくるでしょう。
愛犬のハウスの設置場所については、玄関から離れた場所に設置するなど、愛犬が落ち着ける場所を作ってあげましょう。
 

興奮している時は落ち着くまで無視

飼い主さんの帰りを待ちわびていた犬にとって、飼い主さんの帰宅時は喜びのピークです。
 
興奮して喜びを抑えきれない愛犬を見ると、すぐに構ってあげたくなりますよね。
しかしそこは心を鬼にして、愛犬が落ち着くまで目を合わせずに無視しましょう。
犬が興奮している時に撫でたり、話しかけたりすると犬は余計に興奮してしまいます。
 
飼い主さんは手を洗ったり、着替えをしたりとまずは自分の用事を済ませましょう。
そして、愛犬が落ち着いてからゆっくりと接することで、後からでも構ってもらえることを学習させます。
 

犬の要求にはすぐに応えない

犬の要求吠えにはすぐに反応しないことが大切です。
飼い主さんが食事中に同じものを欲しがったり、おやつを要求したりと犬が要求吠えする場面は多々あると思います。
愛犬がしつこく吠えるからと根負けして犬の要求に応えてしまうと、犬は吠えれば望みが叶うと学習してしまいます。
飼い主さんが食事をする時など、犬が要求吠えをしそうな時は、事前に犬をハウスに入れるなどの対策を取りましょう。
 

外部の音や人に反応して吠える場合

犬が外部の音や人に反応して吠える場合、部屋の中から外の様子が丸見えのケースが多いです。
そのための対策は、外の様子を見えないようにすることや、できるだけ外部の音を遮断することです。
 
外の様子を見えないようにするための便利アイテムは目隠しシートです。
https://item.rakuten.co.jp/hommalab/gf/?s-id=review_PC_il_item_01
リメクル 窓ガラスフィルム 1,480円(税込)
縦幅90cm×横幅1、2、3、4、5、10m
 
リメクルの窓ガラスフィルムは水だけで簡単に貼り付けができるので、DIY初心者の方にもおすすめです。
また、目隠し効果だけではなく、紫外線カットやガラスの飛散防止効果もあるので安心です。
 
そして、外部の音に反応して無駄吠えしてしまう場合は、防音カーテンがおすすめです。
 
防音専門ピアリビング「コーズ」
https://www.amazon.co.jp/dp/B00DGLUUYG?tag=rviews02-22&linkCode=ogi&th=1
幅110×高さ200cm(1枚組) 14,256円(税込)
コーズの防音カーテンは、音を吸収する「吸音布」と音を遮断する「遮音布」が組み合わされた構造で防音効果も抜群です。
 また、12~18デシベルの音を吸収できる5重構造の作りになっています。
隙間を作らないためにも、防音カーテンは窓枠より大きめのサイズを選ぶのがポイントです。
 
お部屋の防音対策については、こちらの記事も参考にしてみてください!
https://pet-lifestyle.com/blogs/view/50
 

まとめ

犬の無駄吠えを完全に止めさせることは難しいです。
しかし、なぜ犬が吠えているのかを理解し対策を立てることで無駄吠えを軽減させることはできます。
犬の無駄吠え対策はしつけの部分も大きいですが、お部屋の環境も大切です。
両方を見直して、愛犬に合った対策を立ててみてください。

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

AMILIEライター

AMILIE編集部です。 取り上げて欲しいわんちゃん・ねこちゃんの題材、お気軽にリクエストください。 ご相談もお待ちしています。

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅住まいづくり倶楽部

愛猫家住宅コーディネーター