エンゼルフォレスト那須白川

公式サイトへ


湖畔でゆったり愛犬と過ごす夏のひととき

愛犬と夏旅に出かけたい。でも熱中症や新型コロナウイルスが心配・・・という人は、湖畔のコテージはいかがでしょうか。
暑さと3密を気にせずに楽しめます。
取材/編集部 文/三浦香代子

湖畔リゾートで過ごす愛犬との特別な時間

 いまだ終息しない新型コロナウイルスの感染拡大、近年の暑さでは熱中症も心配・・・と、夏のお出かけをあきらめていませんか。そんなときは高原の湖畔リゾートという選択肢もあるかもしれません。

 エンゼルフォレスト那須白河が位置するのは、真夏でも平均気温26度という福島県天栄村。広大な敷地内には湖があり、湖畔にはプライベートが確保されたコテージが立ち並びます。
 
 何よりもうれしいのは、充実のアクティビティ。天然芝のドックランをはじめ、湖畔のヴィラタイプの客室にはプライベートドッグラン、木製フェンスに囲まれたキャンプサイトでは愛犬を自由に遊ばせながらキャンプができます。
さらに疲れを癒やす、愛犬専用の源泉かけ流し温泉とスパもあり、特別な時間を過ごせます。
レストランは愛犬を同伴でき、愛犬専用のバイキングメニューもキッチン付きの客室では持ち込んだ食材を調理できます。

 すべての客室には飛び出し防止ゲートやトイレシート、散歩用袋といったアメニティーが用意され、「愛犬との旅が初めて」という人にも安心です。

 さらに福島県内の宿泊施設初となる非対面型チェックインシステム「tapAppli」を導入し、チェックインからチャックアウトまでスマートフォンのアプリで行うことが可能に。
 この夏は3密を避け、家族水入らずの時間を心ゆくまで満喫できる、エンゼルフォレスト那須白河に出かけてみませんか。


湖中央の島へは「とんとん橋」から渡れます。人気のお散歩コース。


カナディアンカヌーで、ぜひ水上散歩を。

愛犬ともっと仲良くなれる工夫がいっぱい!

 エンゼルフォレスト那須白河には、愛犬が喜ぶアクティビティがたくさん。自然豊かな湖畔には、約620平方メートルもの天然芝のドッグランが広がり、大型犬優先・小中型犬専用と分かれています。
清流が流れるドッグランもあり、水遊びもOK。また、リードなしで散歩できる「ドッグウォーク」、また、50メートル走のタイムを計れるイヌリンピック公式の「ドッグスポーツコース」も。さらに全艇にアウトリガー(浮力体)を装備したカナディアンカヌーにもトライできます。カヌーには人間用・犬用のライフジャケットが用意されているので、安心です。
こうしたノーリードの遊びは、日常生活ではなかなか難しいもの。特別な時間と体験を共有するからこそ、お互いへの信頼感と愛情が増し、もっと仲良くなれるはずです。

 

まるで暮らすように泊まる、が可能に

 旅の楽しみといえば、「お部屋選び」ではないでしょうか。エンゼルフォレスト那須白河にはプライベートドッグランを完備した「レイクサイドドッグヴィラ」をはじめ、上質なインテリアと温泉でくつろげる「ハイグレードコテージ」、露天風呂付きのログハウスタイプ「ログプレミアム」、グランピング体験ができる「グランピングキャビン」といった多彩な客室タイプがあり、“迷う楽しみ”を味わえそうです。

 それぞれに趣の違う部屋で過ごすのは、まるで「泊まる」よりも「暮らす」といった心落ち着く時間。日頃の喧騒から離れ、愛犬とゆっくりとくつろぐことができるでしょう。
 
 新設された「リゾートオフィス」棟にはWi-Fi完備、さまざまな作業ができる大テーブルや、愛犬をつないでおけるリードフックなどが用意され、愛犬と一緒のテレワークが可能に。「リゾートで仕事をするワーケーションを試してみたい」「仕事で行き詰まった心身をリフレッシュしたい」という人に、おすすめです。

 また、本格的な滞在には貸別荘タイプのコテージもあり、好きなときに心ゆくまで那須白河の自然を満喫することができます。コロナ禍で働き方や生き方、時間の使い方を考え直し、「愛犬と心穏やかに過ごせることこそ幸せ」と感じた方も多いのではないでしょうか。

 エンゼルフォレスト那須白河なら心豊かな時間を過ごせるはずです。

レイクサイドドッグヴィラ
ヴィラにはプライベートドッグランが。愛犬が思い切り走れます。


レストラン
湖を見下ろす絶好の眺望。朝・昼・夜とバイキングを楽しめ、愛犬用のメニューも。

厳選した福島牛や会津地鶏などの食材を味わえるバーベキュー。


ログプレミアム
バイキングプラン 12,000円〜(1名)




天然温泉の露天風呂とプライベートドッグランを備えた「ログプレミアム〜木立〜。」


グランピングキャビン
Wi-Fi完備でテレワーク、たき火やバーベキューができるグランピングの客室。




ドッグラン
天然芝のドッグランは大型犬優先と小中型犬用の2つ。小川ではノーリードで水遊びを楽しめます。50メートル走タイムが計れるドッグスポーツコースや、雨の日も安心の屋内ドッグランも。








ノーリードで歩ける湖畔のドッグウォーク、ハーブ園や森林の散歩コースは、愛犬の喜ぶ顔が目に浮かびそう。夏はカヌーやフィッシング、冬は雪遊びと1年を通じて遊べます。