• 公開日時:
  • 更新日時:

「生活感のある暮らし」をコンセプトに、自然体を家族で楽しむ愛犬家住宅のカタチ。

「愛犬にとって暮らしやすい家」を追求すると、自分たちの理想とするデザインやお洒落な家づくりは難しいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういったことはありません。



今回ご紹介させていただく愛犬家住宅は、1つ1つのデザイン、暮らし方へのこだわりをカタチにし、その上で愛犬にとって暮らしやすい家づくりの工夫もしっかり押さえた家族にも愛犬にとっても理想のマイホームになっています。

愛犬にとって欠かせないポイントとしては、「体への負担」、「ストレスの少ない住環境」、「健康を維持できる運動」などが大きな分類として挙げられますが、それぞれの問題に対して対策を施しました。

西洋の田舎町にタイムスリップしたような佇まいには、好きなモノに囲まれた暮らし、大好きな家族と楽しむ時間がいっぱい詰まっています。「デザインにもこだわった愛犬家住宅を建てたい」とお考えの方には、たくさんヒントが詰まったマイホームになっていますので参考にしてみてください。

今回の記事の担当AJC:愛犬家住宅コーディネーター 竹澤 由紀様

自然体を楽しむ。好きなものに囲まれる暮らし。



今回ご紹介するお家は、ご夫婦とお子さま3人、そして愛犬というご家族です。

家づくりのコンセプトでもある、「生活感のある暮らし」という意味は、自然体の暮らしをテーマにして、暮らしの中に溢れるいろいろなモノを「あえて魅せる」という暮らし方で、1つ1つのアイテムにもこだわりを持った素敵なお家となりました。

打合せ段階では、真剣に図面の打合せをしている最中でも、愛犬のルゥ君がテーブルの上で寛いだりと、場を和ませてくれるような素敵な家づくりになりました。

家づくりの工夫では、愛犬の健康を考えた素材選び、居場所の確保など、愛犬家住宅として考慮したいポイントをしっかり押さえながら、ご夫婦のこだわりをしっかりカタチにすることができ、愛犬家住宅の理想のカタチになりました。

1つ1つにこだわった快適な愛犬家ライフを実現!



リビングの一角には、下部に「シアタールーム」、上部に書斎を設けました。

書斎に上がるための階段は、愛犬が上り下りしやすいように「蹴上140mm、踏面300mm」と余裕を持たせ、足腰への負担を抑える工夫をしています。

床面には、愛犬が滑らないようにパーフェクトコート」を塗布しています。ガラスコーティングにより、滑り止めの効果はもちろん、水や油、汚れにも強く、臭いも防止することができるため、家族にも愛犬にも優しい床になりました。

家族の想いと愛犬の健康を両立したこだわりのマイホーム

愛犬のためにドッグランも確保!



愛犬の健康にとって大切な運動も、室内で暮らす愛犬にとっては、どうしても運動不足になってしまいます。

散歩に行けない時でも、ドッグランがあれば運動不足を解消することができます。小さいドッグランでも、外で元気に走り回ることができるスペースがあるだけで愛犬のストレス軽減になります。

こだわりもしっかりカタチにした愛犬家住宅



上の写真にもあるように、今回のお家では「薪ストーブ」を設置しています。

床面、壁面をレンガでしっかり補強し、段差も付けることで愛犬が近づかないような工夫をすることで、「火のある暮らし」を実現しました。

他にも、雑貨や小物を飾るスペースなどは、愛犬の種類によって飾る高さを調節したり、扉を設置するなどの工夫で、こだわりの演出を安心してカタチにすることができます。

家族が理想とする家づくりと、愛犬の健康をしっかり考慮した家づくりの両方をカタチにした、こだわりの詰まったマイホームになりました。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram