• 公開日時:
  • 更新日時:

自然素材に囲まれた空間で暮らす、愛犬にも人にも優しい二世帯住宅のカタチ。

愛犬家の方であれば、「愛犬が暮らしやすい家にしてあげたい」と誰もが考えられると思いますが、それと同時に、「自分自身や家族にとっての暮らしやすさ」という点も考えなければなりません。

実際の家づくりでは、まずは自分や家族にとって暮らしやすい家を基準に打合せを進めていき、その上で愛犬にとって暮らしやすい環境、健康に暮らすことのできる環境を検討するというケースが多いと思います。家づくりというものが、そもそも家族がより幸せに暮らすために行う行事ですから当然かもしれません。

そんな中、今回ご紹介するお家は、愛犬の暮らしをとことん考えた家づくりの事例です。愛犬が活動できるスペースを広くとった愛犬思いの家づくり、参考になるポイントがいっぱい詰まった愛犬家住宅となっています。

今回の記事の担当AJC:愛犬家住宅コーディネーター 澤田 良治様

自然素材を取り入れた、スタイリッシュな愛犬家住宅。



今回ご紹介するお家は、チワワ2匹とトイプードル1匹と一緒に暮らすご家族の家づくり、外観はスタイリッシュなデザインに仕上げ、室内は自然素材をふんだんに使い、照明デザインにもこだわることで、愛犬との豊かな暮らしを目指しました。

また、小型犬用のドッグランを玄関横のスペースに設け、いつでも安心して外遊びができるようにしました。

設計面では、家族が集まるリビングダイニングの一角に愛犬のスペースを設け、愛犬がリラックスできる居場所を作りました。この他にも、愛犬との楽しい暮らしのアイデアがたくさん詰まった愛犬家住宅のカタチを参考にしてみてください。

自然素材で快適な愛犬家ライフを実現!

リビングダイニングの一角にある階段下のスペースを利用して設置された愛犬専用の居場所には、消臭効果バツグンの壁材(自然素材)を使用。床面はタイルを採用することで、掃除もしやすく、デザイン面でもお洒落な空間になりました。

室内全体も自然素材を出来るだけ活用して、より快適な空間を演出。無垢材の床や壁材を採用し、愛犬にも自然素材の温もり、居心地の良さを感じてもらいたいというお施主様の想いが詰まっています。

愛犬のために細かい部分までこだわりました!

いつでも遊べる自宅ドッグラン。

今回のお家では玄関横にある2坪ほどのスペースを活用して、小型犬用ドッグランを設置

コンパクトながらも芝生・フェンスをしっかり設けた造りになっており、お友達のワンちゃんとも安心して遊べる、愛犬家ライフを楽しめる場所になっています。

照明の工夫で快適な暮らしを実現。

照明には、電球色を各所に採用し、ほんのりとした灯りで優しい雰囲気を演出しました。

また、愛犬の足元を照らすために、廊下の壁面には床面に照明を設置し、暗くならないように工夫もしています。

実際には、犬は暗闇での認識力は5倍ほどある(犬種による違いはある)と言われていますが、「さびしい」と感じて吠えてしまう場合もあるため、最小限の灯りを用意しました。

寒くなる玄関土間にちょっとした工夫。

今回のお宅は、二世帯住宅ということもあり、玄関が広めに設計されています。

また、玄関奥にはシューズクロークもあるため、冬になると玄関が寒くなってしまうということで、壁掛け用のパネルヒーターを設置しました。パネルヒーターは風を発生させることもないため、ホコリが舞い上がる心配もなく、また綺麗な空気を保つことができるため、お子さまや愛犬にとっても優しい暖房機器と言えます。

冬の寒さが厳しい地域では、パネルヒーターの設置を検討されるのもよいかもしれません。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram