• 公開日時:
  • 更新日時:

とことん、愛犬と愛猫の暮らしを追求 家全体が遊び場になるストレスフリーの家。

ペット好きの方であれば、「愛犬、愛猫が暮らしやすい家にしてあげたい」と誰もが考えられると思いますが、それと同時に、「自分自身や家族にとっての暮らし安さ」という点も家づくりにおいてはあわせて考えなければなりません。

実際の家づくりの場では、まずは自分や家族にとって暮らしやすい家を基準に打合せを進めていき、その上で愛犬や愛猫にとって暮らしやすい環境、健康に暮らすことのできる環境というものをプラスアルファで検討するというケースがほとんどだと思います。家づくりというものが、そもそも家族がより幸せに暮らすために行う行事ですから当然かもしれません。

今回ご紹介するお家は、愛犬、愛猫の暮らしをとことん考えた、ペットの暮らしにフォーカスした家づくりの事例になります。人の暮らすスペースより愛犬、愛猫の活動するスペースの方が広いというレアケースの家づくりですが、参考になるポイントがいっぱい詰まったペットと共に暮らす住宅となっています。

この記事の担当AJC:愛犬家住宅コーディネーター 吉永 誠 様

たくさんの愛犬・愛猫が、自由に暮らすワンニャンハウス

ペットはもしかしたら家族の誰よりも長い時間を家の中で過ごしているかもしれません。

そう考えるとペットにとって快適な住まいを考えてあげるのは、家づくりにおいて必然の作業ではないかと思います。ほんの少しペットの目線になって住まいを考えるだけで、人もペットも、ともに安心・安全・快適に過ごせる住まいが見つけられます。

例えば、リビングダイニングは1つの空間のように見えて、「食事をする場所」と「寛ぐ場所」の2つが合わさって1つの空間を形成しています。ペットにとっても、そんな場所があると暮らしがより快適になっていきます。

この他にも、今回ご紹介する住宅は、運動のできる場所や体に負担のかからない家づくり、真夏や真冬でも快適に暮らすことのできる工夫など、細部までこだわって実現した「みんなの快適に繋がった家」になっていますので、家づくりの参考にしてみてください。

とことん追求した、「愛犬・愛猫のためのお家」



壁一面を利用して大胆に設置したスロープは、愛犬・愛猫が自由に走り回りながら運動不足も解消できるという利点があります。

スロープ部分のみ絨毯を敷くことで足腰への負担も軽減できるように工夫しています。



2階のリビング部分には、愛猫が自由に活動できるよう、キャットステップを壁に設置したり、梁を見せることで愛猫が登ることも可能になっています。

高いところが大好きな愛猫の憩いの場となりました。

細部まで考えた設計で創り出す快適な空間

視界を遮ることなく落下防止対策



2階リビングからスロープを眺めることができる小窓は、床面と同じ高さに設置しているため、愛犬が落ちてしまう可能性もあることから、何らかの対策をする必要がありました。

窓や引き戸を設置しても良かったのですが、スロープへの視界を妨げず、しかも強度もあるものをということで、今回のお家では、「金属製のネット」を採用しました。

閉じたり開いたりできるキャットステップ



スロープを登り切った先にあるキャットステップに扉を設置することによって、1階と2階を繋ぐ空間を閉じることも開くこともできるようにしています。

愛犬・愛猫が2階のプライベートスペースに入ってきても良い時には扉を開けることで自由に往来でき、扉を閉じることで、キャットステップまでは登ることは出来るものの2階のスペースには入ることができない空間を実現しました。

寝室も遮ることなくオープンスタイルに



とことん愛犬・愛猫のために考えた結果、寝室もオープンスタイルデザインを採用。

休んでいる時でも、常に愛犬・愛猫の様子を確認したり、気配を感じることのできるように、木の柵のみで空間を区切っています。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram