• 公開日時:
  • 更新日時:

愛犬と暮らす家は土間リビングがおすすめ!メリット・デメリットも合わせて紹介

愛犬

近年、ペットと暮らす家庭は年々増え続け多くの家庭がペットと生活しています。大切な愛犬である愛犬が暮らしやすい家庭を作りたくありませんか?愛犬と一緒に暮らすなら、住まいの間取りや仕様も変わってくるのが当然です。そのためには、土間のある住環境を作ってあげると過ごしやすい空間が実現できます。今回は愛犬と家族が暮らしやすいように、土間リビングのメリットデメリットや注意点を解説します。

*もくじ*

1│愛犬と一緒に暮らすには土間のリビングがおすすめ

間取り例

間取り①玄関と土間リビングを繋げる

間取り②家と庭を繋ぐ土間リビング

間取り③中庭と土間リビングを繋げる

2│土間リビングのメリット・デメリット

メリット
デメリット

3│土間リビングの注意点

コンクリート
モルタル
タイル
フロアタイル

4│まとめ

1│愛犬と一緒に暮らすには土間のリビングがおすすめ

 土間リビング

土間リビングは、愛犬と家族が気兼ねなく土足でも過ごせる快適な室内空間です。
散歩から帰ってきた時など玄関とリビングを土間で繋ぐことによって、愛犬はスムーズに移動が可能です。そのため、犬の生活動線が確立されます。玄関先など洗い場で犬の足を洗った後、多少足が濡れていても土間なら安心です。愛犬の居場所も土間リビングにケージを置いておくことで、自分のプライベートスペースが決まり犬自身も落ち着きます。

また、犬は暑さに弱いため夏の季節は、玄関の土間に寝そべっている光景をよく見かけます。リビングを土間にすることで、夏の暑い時期には自由にお昼寝をして快適に過ごせることでしょう。

そもそも土間リビングは、コンクリートやタイルで覆われているので、フローリングやカーペットなどに比べ汚れが気にならず掃除が楽に行えます。例えば犬に餌やお水を飲ませた後など、周囲を汚しても軽く水を流してモップを掛けるだけで済みます。無垢の床材やカーペットの上ならシミがついて取れないということも。また、柴犬など抜け毛の多い犬にも最適です。土間と床には段差があるので、抜けた毛は土間の中だけで掃除が簡単にできます。

土間リビングは、愛犬と遊んだりお世話をしやすいスペースになります。家族と愛犬がどちらにとっても良い環境で暮らせる空間になるので、愛犬のいるご家庭におすすめです。

間取り例

 土間リビング

間取り①玄関と土間リビングを繋げる

よくあるパターンの間取りで、玄関土間から吊り戸の建具を付けてリビングに入っていくイメージです。土足のままリビングに出入りしても良し、シューズクロークを間に入れて履き替えるも良しといった具合に愛犬と共に玄関から直接リビングまで移動ができます。土間リビングにケージを設置しておけば、愛犬も落ち着ける場所にスムーズに戻れます。

間取り②家と庭を繋ぐ土間リビング

家に庭がある場合、庭に面して大きな掃き出し窓を設置します。その掃き出し窓から建物の内側に適度なスペースの土間リビングを作ってあげましょう。リビング全てのスペースを土間にしても良いですし、犬が遊べてお昼寝できるスペースを土間にしてあげても良いでしょう。南向きの庭であれば、掃き出し窓から差し込む日差しはとても暖かく、寒い季節でも天気の良い日は愛犬も気持ちよくお昼寝できます。

間取り③中庭と土間リビングを繋げる

平屋によく見られるコの字型やロの字型の建物の場合、家の中心に中庭があります。
2階建てでも「パティオ」と呼ばれるプライバシーが守れる中庭スペースもあるでしょう。その中庭と土間リビングを繋ぐ方法もあります。中庭はコンクリート土間でタイル貼りなどが多いので、土間リビングと繋げて一体化しても良いですし、一部を土間にするパターンでも良いでしょう。
中庭をアウトリビングとして上手く使えば、気候の良い季節は開けっ放しの状態で広く土間を活用することができます。リビングを土間にする場合、床の面積とのバランスを考え愛犬と家族の双方が心地良く暮らせるようにしましょう。

2│土間リビングのメリットデメリット

 土間リビング

リビングを土間にするメリットとデメリットを解説します。

メリット

 掃除が楽に行える

土間リビングにするメリットは、汚れが気にならず掃除が楽にできることです。愛犬が餌や水をこぼしても簡単に水で流せたり、掃き掃除も楽に行えます。モップなどで水分を拭き取れば、家の中が湿気てしまうこともそれほどありません。また、犬の抜け毛も多い季節は結構な量が溜まります。土間リビングにしておけば、床との段差があるため抜け毛の掃除も楽に行えるでしょう。何といっても掃除が簡単に済ませられるところがメリットです。

床が滑りにくい

愛犬にとってのメリットは、床が滑りにくいところです。合板のフローリングなどは、犬にとって滑りやすく股関節を痛める原因になります。特に犬は歳を重ねると足の筋力や関節が弱くなったり、肉球が硬くなってフローリングでは座っていてもズルズルと滑ります。老犬が足を滑らせると、脱臼などの怪我を起こすかも知れません。リビングを土間にしてあげることで、愛犬が滑りにくいようなモルタル仕上げか、滑りにくいタイルを貼ってあげましょう。

夏は涼しい

土間リビングにすると夏の暑い時期に涼しく過ごせます。コンクリート土間やタイル貼りで冷たく気持ちの良い床になり、愛犬だけではなく人も涼しく快適です。特に犬は暑さには弱いので愛犬にとって、土間の冷んやりした感触は心地よいスペースとなるでしょう。

デメリット

移動が面倒

土足で過ごす土間リビングは、他の部屋やトイレなど移動する場合に靴や履物を脱いで上がらなくてはなりません。家の中でも移動するために履物を脱いだり履いたりの面倒な動作がついて回ります。土間用の履きやすいクロックスなどを使用すると比較的苦にはならないでしょう。

段差ができる

土間と床にはどうしても段差ができてしまいます。家族も愛犬も年齢を重ねてくると、この段差がきつくなってきたり負担は大きくなります。バリアフリーが必要な家庭では、段差はデメリットといえます。段差は出来るだけ緩やかにするか、上りやすいステップを設置することで緩和することができます。

冬は寒く冷えやすい

夏の涼しさとは反対に冬は寒く冷えやすいのがデメリットです。土間はコンクリートなどの熱伝導率の高い素材なので、土の冷たさがそのまま伝わってしまいます。夏は冷たくて涼しいメリットがあるので、厚手の絨毯などを敷いて薪ストーブやパネルヒーターなどの暖房器具を使った対策も必要です。

3│土間リビングの注意点

 古民家土間スペース

土間リビングの床材の種類はさまざまです。土間の代表的な床材は、コンクリート・モルタル・タイルがあります。

コンクリート

コンクリートは平らにするコテ押しが重要で、コテ押しの回数によって表面の仕上がりが違ってきます。無機質でおしゃれなイメージに仕上げたい人におすすめです。業者と相談して仕上がり具合を検討して見てください。

モルタル

モルタルは、コンクリートの表面を仕上げるために使用されます。雰囲気は無機質でシンプルなイメージの土間に仕上げることができるでしょう。傷みやすい場所には、修復が可能なので便利でおすすめです。

タイル

タイル貼りは耐久性があり、お好みのイメージに綺麗に仕上げることができます。タイルの種類によってさまざまなバリエーションがあるので、色やイメージにこだわりのある人におすすめです。

フロアタイル

フロアタイルは店舗やオフィスなどでもよく使用される、張り替えが容易なフロアタイルなどもあります。愛犬が滑りにくい素材を使ってあげることが必要なので業者に相談しましょう。

4│まとめ

愛犬と一緒に快適に暮らすには、土間リビングがおすすめをテーマに解説しました。土間リビングには、メリットもあればデメリットもあります。愛犬にとっては、滑りやすいフローリングよりも土間の方が歩きやすく、暑い夏には冷たい土間が最適です。冬の寒さ対策や段差を大きくしないなどに注意すれば、愛犬と家族がストレスなく快適に共存できるでしょう。大切な家族の一員である愛犬のためにも土間リビングはより良い選択でおすすめです。


新和建設には「愛犬家住宅コーディネーター」の資格を持ったスタッフがいます。お気軽にご相談ください。

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

坂井 里帆

エリア:愛知県

愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅住まいづくり倶楽部