• 公開日時:
  • 更新日時:

トイプードルが床で滑ると危険!最適な住環境に必要なアイテム11選

フローリングのお家でトイプードルを飼うと、床で滑ってしまうので注意が必要です。

日本の住宅では掃除のしやすいフローリングが主流ですが、犬にとっては滑りやすいです。特にトイプードルをはじめとする小型犬の骨はとても細いので、滑ることで足腰を痛めたり、最悪の場合骨折してしまうこともあります。

こういったリスクを回避するため、フローリングの滑り対策をすべきです。この記事では、トイプードルが床で滑るリスクを説明するとともに、最適な住環境を実現できる床対策のアイテムを紹介します。

トイプードルが床で滑ってケガをする理由

トイプードルは活発な性格なので、フローリングで走り回ったり、ソファやベッドから飛び降りたりしがちです。

トイプードルの原種であるスタンダードプードルは、水鳥用の狩猟犬として活躍していました。そのため、追いかけっこなど体を動かすことが大好きです。よく動くからこそ、滑りやすい床によるケガを起こしやすいと言えるのです。

ただ、「ここで走ってはいけない」「ソファに飛び乗ってはダメ」などしつけをすることで、運動は屋外で行い室内では落ち着いて過ごさせることもできます。

トイプードルが床で滑ると起こりうるリスク

ここでは、トイプードルがフローリングなどの床で滑ってしまうことで起こりうるリスクについて解説します。

骨が細いので骨折しやすい

トイプードルの平均的なサイズは体重約3kg、体高は24~28cmほどです。このように体が小さいので骨が細く、ちょっとした衝撃でも骨折してしまうことがあります。

このような骨折は、好奇心旺盛で活発な時期である1歳未満に多く、特に前足のリスクが高いです。

滑りやすい床だと、走っているときに足を滑らせて転倒したり、段差から着地したときに滑って床にぶつかってしまったりすることがあります。トイプードルはサイズが小さいからこそ、こういった些細なことで骨折しやすいので、日常的に骨や関節に負担がかからないよう環境を整える必要があります。

よく動くので足を滑らせるリスクがある

トイプードルは活発な性格なので、フローリングで走り回ったり、ソファやベッドから飛び降りたりしがちです。

トイプードルの原種であるスタンダードプードルは、水鳥用の狩猟犬として活躍していました。そのため、追いかけっこなど体を動かすことが大好きです。よく動くからこそ、滑りやすい床によるケガを起こしやすいと言えるのです。

ただ、「ここで走ってはいけない」「ソファに飛び乗ってはダメ」などしつけをすることで、運動は屋外で行い室内では落ち着いて過ごさせることもできます。

脱臼のリスクも

トイプードルは膝のお皿の骨がずれたり外れたりする「膝蓋骨脱臼(パテラ)」になりやすい犬種です。

形成異常がある先天的なケースと、フローリングで滑ったり転んだりしてなる後天的なケースがあり、どちらも悪化すると足を引きずるなどの歩行異常が発生します。

後天的なケースは床材を滑りにくいものに変えることで防ぐことができます。

トイプードルにとって最適な住環境とは?

トイプードルは活発で元気に走り回るのが好きな子が多いため、床が滑りやすいと骨折や脱臼などのケガをする可能性が高くなります。

これらのリスクを回避するためにも、滑りやすい床材を使用している場合には、トイプードルに適した床材に変えましょう。

これからトイプードルを飼おうと思っている方も、事前に最適な環境を準備しておくと安心です。

床の滑り対策としては、床を滑りにくくするコーティング剤、滑りにくいフローリング材、床に敷くマット、好きな場所における床タイルなどがあります。これらの中から、トイプードルに最適な床にするためのアイテムをAMILIE編集部が厳選して紹介します。

トイプードルに最適な床コーティング材

ペット向けに開発された床コーティング剤を紹介します。

1.「AJパーフェクトコートセット プレミアム」

「AJパーフェクトコート」は、自分で施工できるガラスコーティング剤です。ガラスの薄い塗膜が床の滑りを防止し、トイプードルの足腰の負担やケガを防止します。

透明に近い色合いなので、床本来の風合いを損なわずに仕上げられます。一度塗ってしまえば効果は半永久的。劣化しないので再塗装する必要もありません。汚れは水拭きで簡単に落とせます。

素材を選ばずいろいろな場所に塗ることができ、床だけでなく壁や家具もキズ・汚れから守ります。

▶「AJパーフェクトコートセット プレミアム」はこちら

2.フジソウ「優床(ゆうとこ)」

引用元:http://www13.plala.or.jp/fuji-s-s/floorcoat/floor_pet.html

「優床」は、ペット専用のフロアコーティング剤です。トイプードルを含む小型犬や人の歩行に支障がない最適な滑りにくさを実現しています。塗布乾燥後はペットがなめても大丈夫な素材です。

床のコーティングが極端に滑りにくいとつまずきの原因となってしまいますが、優床は日本工業規格(JIS A 1454)滑り性試験をクリアしており、適度なグリップ性を備えています。

お手入れもとても簡単。撥水性・耐傷性・耐久性を備えているので、拭き掃除だけで長期間美しさを維持できます。

▶フジソウ「優床(ゆうとこ)」はこちら

トイプードルに最適な床材

床材ごとトイプードルに合ったものにするのもおすすめです。

3.LIXIL「ラシッサ Sフロア」

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/lasissa_floor/

LIXILの「ラシッサ Sフロア」は、小型犬の床滑りにも配慮した表面仕上げが施されている床材です。樹木ごとに質感が異なる「リアルフットフィール仕上げ」により、天然木の風合いを感じさせます。

水や湿気に強い耐水性と、優れた耐アンモニア性を持っており、リビングはもちろんキッチンやトイレなど水回り空間にも最適です。

カラーバリエーションは全5色。基材にリサイクル材料の「アースボード」を使用しており、地球温暖化の抑制にも貢献している床材です。

▶LIXIL「ラシッサS」はこちら

4.大建工業「ワンラブフロアⅣ」

:https://www.daiken.jp/flooring/lineup/10100021.html

「ワンラブフロアⅣ」は、トイプードルなど小型犬の歩きやすさや足腰に配慮した床材です。見た目はフローリングですが、小型犬の肉球でも滑りにくいように表面に特殊加工が施されています。

ひっかき傷がつきにくく、よだれや食べこぼし、水濡れがあってもサッと拭き取るだけでキレイにできます。アンモニアなどの刺激でも変色や色あせが少ないのが特徴です。カラーバリエーションは全8色と豊富なラインナップです。

▶大建工業「ワンラブフロアⅣ」はこちら

5.朝日ウッドテック「Live Natural for Dog」

引用元:https://www.woodtec.co.jp/products/lineup/flooring/livenatural/livenaturalplus-fordog/

「Live Natural for Dog」は、天然木ならではのぬくもりと、小型犬の足腰に負担がかかりにくい適度な滑りにくさをプラスした床材です。

床のグリップ力は塗装の樹脂を柔らかくして生み出されますが、この床材では柔らかくすることで生じる「汚れやすさ」や「傷つきやすさ」を損なわない調合を実現しています。コーティングにありがちなテカテカ感もなく、木目の美しさと重厚な質感がしっかりと表現されています。

「SIAA抗ウイルスマーク」と「SIAA抗菌マーク」を取得した抗ウイルス・抗菌フローリングなので、愛犬と過ごす床をいつでも衛生的に保ちます。

▶朝日ウッドテック「Live Natural for Dog」はこちら

6.イクタ「プリオス介護とペット」

引用元:https://ikuta.co.jp/products/standard/prioscare/

「プリオス介護とペット」は、独自の特殊コーティングで「歩きやすい」「汚れに強い」「キズがつきにくい」という特徴を持つ、トイプードルにも安心・安全な床材です。

ホットカーペットや床暖房にも対応しているため、寒い冬も部屋全体をまんべんなく暖められます。

小型犬をはじめとするペットはもちろん、高齢者の方やお子様にとっても歩きやすい床を実現できるため、一般住宅だけではなく老健施設・幼稚園・保育園などでも多く採用されています。

▶イクタ「プリオス介護とペット」はこちら

トイプードルに最適な床マット

床に敷くだけでよく、便利でメンテナンスも簡単な床マットを紹介します。

7.東リ「CFシート-P NW」

引用元:https://www.toli.co.jp/product_floor/cf_sheet/index.html

「CFシート-P NW」は、人にもペットにも歩きやすい適度な防滑性を持った床材です。特殊加工で肌触りに良いさらっとした触感の仕上げになっています。

抗菌性と安全性を満たしているSIAA登録品であり、特定のウイルスの数を99%以上減少させます。また、消臭効果もあるので、生活する上で気になる臭いを軽減できます。

高耐久UV樹脂コーティングにより、ワックスメンテナンスは不要ながらも、汚れが取れやすく簡単な拭き掃除で美観を長く保つことができます。

▶東リ「CFシート-P NW」はこちら

8.スミノエ「Caruru(カルル)」

引用元https://item.rakuten.co.jp/limelime-store/sm-caruru290/

Caruruは、安全性の高い医療用資材を使って滑り止め加工(メディカルストップ)を施しているカーペットです。フローリングの上にそのまま敷いても滑らないので安全です。

軽量で持ち運びしやすく、カット面がほつれにくくなっているので、好みのサイズ・形に合わせて使用できます。ご自宅の洗濯機で丸ごと洗えて天日干しも可能です。


カラーバリエーションは全5色。ホットカーペット・床暖房に対応しているため、季節を問わずオールシーズン使えます。

▶スミノエ「Caruru(カルル)」はこちら

トイプードルに最適な床タイル

床タイルは自由に組み合わせて置けるので便利です。滑りにくく、手軽に施工できる床タイルを紹介します。

9.サンゲツ「STYLE KIT」

「STYLE KIT」はペットの悩みを解決してくれるカーペットタイルです。起毛による凹凸でグリップ力を発揮します。

施工は滑りやすいフローリングの上に置くだけ。滑り止めテープや工具も必要ありません。汚れたときは部分的に水洗いでき、貼ったり剥がしたり繰り返し使用できます。

足音などの生活音を吸収してくれるので、マンションなどでトイプードルを飼うときの防音対策にもなります。

▶サンゲツ「STYLE KIT」はこちら

10.サンコー「ペット用撥水タイルマット」

引用元:https://www.sanko-gp.co.jp/sankopet/

「ペット用撥水タイルマット」は、置くだけで床に設置できる犬向けに開発されたタイルマットです。

滑らないのでトイプードルも歩きやすく、使いたい場所に合わせてカットできます。ケージの中や廊下、階段や曲がり角にもぴったりフィットするので便利です。

おしっこや吐き戻しで汚れても、汚れたところだけ取り外して洗えます。アンモニア消臭加工済みなので、ニオイ対策も万全です。

▶サンコー「ペット用撥水タイルマット」はこちら

11.光洋産業「ReFace Tile(リフェイスタイル)」

引用元:https://www.koyoweb.com/products/build-tatami/pd_build-tatami/reface-tile/

「ReFace Tile」は、愛犬も人も快適に過ごせる薄型の高機能床マットです。

小型犬の動作試験をクリアしており、トイプードルが床で滑るのを防ぎます。適度なクッション性があり、衝撃緩和性にも優れているので、トイプードルのジャンプ後の着地の衝撃も和らげます。

使用しているすべての素材に耐水性が備わっているのでお掃除もラクラク。変色や退色に強いので、長く使い続けられます。

▶光洋産業「ReFace Tile(リフェイスタイル)」はこちら

まとめ

床材を滑りにくいものに変えることで、トイプードルをケガから守ることができます。

フロアコーティングを使って既存の床に防滑性を持たせる、ペット向けの床材に張り替える、カーペットやマット、タイルを敷くなど、様々な方法があります。

ペット向けに開発された商品は、どれも機能性に優れています。場所によって使い分けることで、犬も人も最適な住環境を手に入れられるはずです。ぜひみなさんのご自宅に合ったものを利用してみてください。

トイプードルなどの小型犬の足腰をサポートするアイテムは、以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

▶『犬用カーペット8選!カーペットが必要な理由と選び方も』

▶『犬用ステップ、スロープおすすめ8商品と選び方を紹介!』

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

AMILIEライター

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター