• 公開日時:
  • 更新日時:

【おしゃれなキャットタワー】北欧インテリアに合う!おすすめ12選

室内飼いの猫にとって大事な「キャットタワー」。

 

高さがあるキャットタワーは、お部屋の中でもひときわ存在感を放ちます。

 

こだわりのインテリアでお部屋をコーディネートしても、存在感のあるキャットタワーのデザインがいまいちだと、せっかくのインテリアも台なし……。

 

そこで今回は、インテリアの中でも人気な「北欧スタイル」に合わせやすいデザインの選び方と、おすすめのキャットタワーを12個ご紹介します。

キャットタワーが猫にとって必要な理由

まずは猫にとってキャットタワーがなぜ必要なのか、その理由について解説します。


高いところは落ち着く

野生の頃の猫は、狩りの時に広範囲が見渡せる木の上などに登って、高い場所から獲物を見つけて捕まえていました。

 

高い場所にいると、地上を歩く外敵から身を守れる利点もあったので、その名残りで猫にとって高いところは落ち着く場所なのです。

 

室内で飼われている猫も、部屋全体が見渡せる高い場所から飼い主の様子を確認しています。


猫は上下運動が好き

「高いところが好き」という理由もあり、猫は上ったり下りたりという上下運動を好みます。

 

助走なしで体高の約5倍の高さまでジャンプできる猫にとって、木の役割を果たすキャットタワーは、身体機能を維持していく上でなくてはならない存在です。

  
運動不足やストレス発散のため

室内で暮らしている猫は、どうしても運動不足になりがちです。

 

キャットタワーを駆け上ったり、ジャンプして着地したりという上下運動をすることで、運動不足を解消できます。

 

また、キャットタワーは猫にとってリラックスできる居心地の良い場所でもあります。

大好きな「高い場所」にいること自体がストレス発散につながるのです。

  
キャットタワーを選ぶときのポイント

キャットタワーを選ぶときに、お部屋にどのように設置するかについて検討しましょう。

 

設置方法については、大きく分けて「据え置きタイプ」と「突っ張りタイプ」の2種類があります。

  
据え置きタイプ

据え置きタイプは、そのままお部屋に置くだけでよいので手軽に導入できます。

 

家具と一体となっているタイプなど種類も豊富。

高すぎず動かしやすいので、お部屋のレイアウトを変えたいときにも便利です。

 

あまり軽量すぎるものは猫が飛び乗ったときの衝撃でグラついてしまう危険もあるため、土台がしっかりして安定感のあるものを選ぶようにしましょう。

  
突っ張りタイプ

天井と床を突っ張らせて固定する突っ張りタイプは、省スペースで設置したい場合におすすめです。

 

据え置きタイプに比べて高いところまで登れるため、身軽な猫や高いところが特に大好きという猫に喜ばれるでしょう。

 

ただし、しっかり固定していないと転倒の危険があるため、こまめな安全確認が必要です。

人気の北欧インテリアに合うキャットタワーはどう選ぶ?

 

インテリアのテイストとして人気が高い「北欧スタイル」ですが、そもそも北欧インテリアとはどのようなものでしょうか?

 

北欧インテリアの特徴と、キャットタワーの選び方について解説します。

北欧インテリアの特徴

北欧インテリアとは、ヨーロッパ北部の国々で生まれたインテリアスタイルのこと。

 

日照時間が少なく寒い地域で暮らす人々は、多くの時間を過ごす室内をできるだけ居心地の良い空間にしようと、内装デザインにこだわってきました。

 

シンプルで温かみを持たせた空間に、カラフルなファブリックをアクセントにしたコーディネートは日本でも根強い人気を誇っています。

 

そんな北欧インテリアをつくるときには、次の5つのポイントをおさえましょう。

 

①白い壁を基調とする

②自然を取り入れる

③ファブリックを上手に活用する

④照明を工夫して温かみのある空間に

⑤雑貨や小物を取り入れて華やかさを演出

 

①白い壁を基調とする

空間の中でも大きな面積を占める床、壁、天井はナチュラルカラーでシンプルにまとめましょう。

 

壁は白を基調とすることでお部屋の中を広く明るく見せる効果があり、どんな家具にも合わせやすくなります。

②自然を取り入れる

自然の心地よさをインテリアにもうまく溶け込ませているのが北欧スタイル。

 

植物や動物をモチーフとした柄や雑貨を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

また、観葉植物などのインテリアグリーンは北欧インテリアに欠かせないアイテムです。

③ファブリックを上手に活用する

シンプルな空間には、アクセントとなるファブリックがとても良く映えます。

 

カーテンやラグ、クッションやタペストリーなど、さまざまなところに取り入れることでお部屋に彩りを与えてくれます。

④照明を工夫して温かみのある空間に

日照時間が少ない北欧の冬。そんな環境に暮らす人々は照明の使い方を大事にしています。

 

部屋全部をまんべんなく照らすのではなく、間接照明をうまく活用しながら明暗をつけることで、ホッと落ち着ける雰囲気を作り出します。

⑤雑貨や小物を取り入れて華やかさを演出

北欧インテリアでは、雑貨や小物も魅力のひとつ。

 

シンプルなデザインながらも遊び心があり、空間に華やかさをもたらしてくれます。

北欧インテリアに合うキャットタワーのデザインの選び方

シンプルで心地よい、そんな北欧インテリアに合うキャットタワーを選ぶコツは次の4つです。

 

ポイント①:ウッド素材

ポイント②:ファブリック素材

ポイント③:自然(植物や動物)をモチーフにしたデザイン

ポイント④:丸みをもたせたフォルム

 

このいずれかのポイントを取り入れたデザインのキャットタワーを選びましょう。

据え置きタイプのキャットタワー10選

北欧インテリアにマッチする、据え置きタイプのキャットタワーをご紹介します。

 

家具と一体になったキャットタワー

下記に紹介する3つのキャットタワーは、家具としても使用することができる商品です。

 

ナチュラルな木目が空間に温もりを与えてくれます。
 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:LOWYA

おすすめ①▶本棚 キャットウォーク付き リバーシブル [幅90]

 

上下運動ができる動線を確保したり、抜け穴をつくったり、落ち着ける猫ハウスがあったり。

 

猫が楽しめる工夫を施しながら、ちゃんと収納家具としての役割も発揮している多機能な本棚です。

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:LOWYA

おすすめ②▶キャットウォーク付き壁面収納 シェルフ 木製[幅97.5~123.5]

 

階段状になったステップは、猫が上り下りしやすい設計になっており、所々に抜け穴もあります。

 

収納部分はオープン棚となっており、飾り棚として利用することも可能。

 

背板は前後どちらでもお好きな方に取り付けられるため、レイアウトに合わせた組み立てができます。

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:LOWYA

おすすめ③▶壁面収納テレビ台 左右両側昇降可能 木製 キャットタワー一体型 [幅220]

 

テレビボードと一体になったキャットタワーです。

 

ひとつの家具の中に、抜け穴や上下のトンネル、階段ステップや交差ステップ、猫ハウスなどたくさんの要素が盛り込まれており、猫もきっと大喜びしてくれるはず!

 

オープンラックや可動棚式の扉収納といった、飼い主側の利便性も兼ね備えています。

シンボリックなデザインが可愛いキャットタワー

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

【北欧ポイント③:自然(植物や動物)をモチーフにしたデザイン】

画像引用:Amazon

おすすめ④▶おしゃれ デザイン キャットタワー 北欧 キャッツファー PMG4W ホワイト | cat'sfir

 

もみの木を彷彿とさせるシンボリックなデザインは、お部屋のアクセントになること間違いなし。

 

支柱は爪とぎ仕様となっており、各段にはすべりにくいシャギー調の吸着マットが敷かれているので、くつろいだり爪を研いだりと自由に使えます。

 

【北欧ポイント②:ファブリック素材】

【北欧ポイント③:自然(植物や動物)をモチーフにしたデザイン】

画像引用:MOFUCAT

おすすめ⑤▶MOFUCATの人気上位商品!BIG TREEキャットタワー 【送料無料】

 

枝分かれした木をモチーフにしたかわいらしいデザインで、北欧インテリアにも優しくなじむナチュラルなベージュでまとめられています。

 

枝の部分はボア素材で作られており冬もあたたか。支柱はサイザル麻のロープを採用した爪とぎ仕様になっています。

 

ゆらゆら揺れるおもちゃもついており、遊んだりくつろいだりと、思い思いに過ごすことができます。

ベッドと一体型になったキャットタワー

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:ディノス

おすすめ⑥▶フランスペット ネコステップ付きベッド 通販 - ディノス

 

スプリングマットレスで有名なフランスベッドが、ペットのために作った家具シリーズ「フランスペット」。

 

この家具は、天蓋ベッドとキャットタワー・キャットウォークが一体になったユニークな商品です。

 

ベッド周りの空間を利用して猫が楽しめる仕様になっており、省スペース化を実現。

一人暮らしのお部屋にもピッタリなキャットタワー兼ベッドです。

  
子猫やシニア猫におすすめなキャットタワー
 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:PE-04 キャットタワーパーテーション - フランスペット

おすすめ⑦▶【楽天市場】フランスベッド フランスペット ペット インテリア PE-04 キャットタワー : フランスベッドショッププラス

 

こちらもフランスペットのキャットタワー。本棚や飾り棚としても使用できます。

 

高さ90cm、横幅59cmというコンパクトなサイズ感なので、高いところに上りづらい子猫やシニア猫にも喜んでもらえるでしょう。

 

直線のラインが美しいこのデザインは、幾何学模様の北欧柄(フィンレイソン

ヨハンナ・グリクセン)とのコーディネートも楽しめそうです。

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

画像引用:Petio[ペティオショップ]

おすすめ⑧▶necoco ネココ スリムで壁ぎわに置きやすい キャットリビングタワー|Petio ペティオオンラインショップ

 

限られたスペースにも気軽に設置しやすいキャットタワーです。

 

高さ107cm、土台部分の奥行きは43cmとスリムな形状で、壁際にも置きやすいよう設計されています。

 

滑り止めマットや隠れ家スペース、爪とぎ設置スペースなど猫にも嬉しい工夫がいっぱいです。

フォルムが美しいキャットタワー

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

【北欧ポイント④:丸みをもたせたフォルム】

画像引用:KARIMOKU CAT

おすすめ⑨▶KARIMOKU CAT TREE カリモク家具 日本製 キャットタワー

 

家具メーカーとして有名なカリモク家具が、猫目線にこだわって作った猫用木製家具が「KARIMOKU CAT」です。

 

丸みを帯びたフォルムと優しい色合いの木目が美しいキャットタワーは、これぞ北欧スタイルにふさわしい上質なクオリティ。

 

猫に寄り添いながら飼い主のおしゃれ心もくすぐるデザインは、インテリアにとことんこだわりたい方におすすめです。

 

【北欧ポイント①:ウッド素材】

【北欧ポイント②:ファブリック素材】

画像引用:Mwpo キャットタワー専門店 – mwpostore

おすすめ⑩▶MWPO キャットタワー WS7000A-MAX 高さ160cm

 

狭くて暗い場所が大好きな猫におすすめな、ミニハウスが付いたキャットタワー。

 

ステップには天然木のラバーウッド材、支柱にはブナの木が使われており、自然素材の温もりが楽しめます。

 

カラーはグレーとベージュの2種類。

人気のくすみカラーは北欧インテリアにもコーディネートしやすく、おしゃれな空間に最適です。

突っ張りタイプのキャットタワー2選

省スペースでお部屋の印象を損なわない、突っ張りタイプのキャットタワーをご紹介します。

ハンモックが付いたキャットタワー

【北欧ポイント②:ファブリック素材】

画像引用:ペピイ

おすすめ⑪▶キャットポール (高さ220~265cm キャットタワー)| キャットタワー| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY)

 

お好きな位置にハンモックを設置でき、高い場所で落ち着いて眠ることもできます。

 

らせん状のステップにはポリエステルの布地が張られているため、すべりにくく安心です。

シンプルなデザインのキャットタワー

【北欧ポイント④:丸みをもたせたフォルム】

画像引用:OPPO

おすすめ⑫▶【楽天市場】キャットタワー 突っ張り uminecco ウミネッコ OPPO オッポ

 

シンプルでスッキリしていながら、丸みを帯びたフォルムが北欧インテリアにぴったり。

 

カラーはホワイトとブラックの2種類からお選びいただけます。

 

ステップは樹脂製なので、お手入れも簡単。

バケットシェルフは猫がすっぽり収まる形状で、居心地よく過ごせるでしょう。

まとめ:愛猫が一番使いやすいキャットタワーを選んであげよう

今回は、北欧スタイルのインテリアによくなじむデザインのキャットタワーを厳選してご紹介しました。

 

デザイン性もさることながら、キャットタワーを選ぶときには「愛猫にとって使いやすいかどうか」がなにより大切なポイントです。

 

体格や運動能力、年齢や性格など、飼い主さんだからこそ理解している愛猫の特性を考慮しながら、キャットタワーを選んであげてくださいね。

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

AMILIEライター

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター