• 公開日時:
  • 更新日時:

エアコン1台で快適空間を実現した、人と愛犬がストレスなく住み続けられる家。

「暮らしやすい家」とはどんな家なのか、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

人によって、ライフスタイルは様々。一概に「これが正解」という答えはありません。

「暮らしやすい家」にするために考えなければならない点として、「生活導線」、「室内環境」があり、愛犬家住宅としては「愛犬の体への負担」も考慮すると、暮らしやすい家が見えてきます。生活導線は、毎日の生活をストレスなく快適に過ごすために重要になります。

室内環境はきれいな空気、温度差の少ない室内環境など健康面にとって重要です。
そして、愛犬の体への負担を考慮した素材、設備、レイアウトなどをしっかり考えることで、人にも愛犬にも優しい、「暮らしやすい家」が出来上がってきます。今回ご紹介するお家は、エアコン1台で家中の温度をコントロールし、調湿などもしっかり考えられた、ストレスなく快適に住み続けることのできる愛犬家住宅になっています。

今回の記事の担当AJC:愛犬家住宅コーディネーター 小沢 健様

室内環境、素材、レイアウト。愛犬家のために考えたお家。



今回ご紹介するお家は、人にとっても愛犬にとっても「ストレスなく住み続けられる家」をコンセプトに考えられた愛犬家住宅となっています。愛犬の健康を考慮し、ドッグランを併設し、室内の床は滑りにくい素材を選択。そして、体への負担を軽減するために、階段だけではなくスロープも設置するなど、細部までこだわりました。

また、室内で過ごすことの多い愛犬のために、床下調湿機能で室内の湿度を保ち、脱臭効果のある素材を採用し、空気環境にもこだわっています。
設計の工夫としては、危険なエリアに愛犬が入らないようにする工夫、体を洗うスペースの確保、愛犬の落ち着けるプライベートスペースの設置など、少しでもストレスのかからない暮らしを実現するための工夫が詰め込まれた愛犬家住宅となりました。


1つ1つにこだわった快適な愛犬家ライフを実現!



愛犬がケガをしないためにも、キッチンなど危険なエリアへは入って来られないようにすることも大切な配慮。愛犬の大きさに合わせた仕切りを適切な場所に設置することで、ケガを未然に防ぐことが可能になります。

ドッグランで思いっ切り走り回った後や、散歩帰りには、ドッグランからすぐ入った場所にあるドレッサーできれいに出来るようにしています。収納スペースを作って散歩道具なども収納できるようにすることで、使い勝手や動線にも工夫しています。

愛犬のために細かい部分までこだわりました!

愛犬の健康維持にはドッグランが一番!



愛犬の健康にとって運動は欠かせません。

日々の散歩はもちろん、ちょっとした運動のできるドッグランがあると、雨の日やどうしても時間の取れない時でも、愛犬のストレスを解消することが可能です。

今回のお家では、ドッグランの設備に伴い、室内とドッグランの高低差を埋めるため、階段だけではなく、タイルのスロープを併設し、少しでも愛犬の体への負担を軽減できるように工夫を施しました。ちょっとしたことと思われがちですが、愛犬の小さな体にとっては、毎日の生活の中でとても重要なポイントになってきます。

2つのドレッサーで愛犬のお手入れ。



今回のお家では、2種類のドレッサーを設置し、用途に合わせて使い分けることができるようにしています。

写真は、家族も使う洗面所のドレッサーを愛犬も使えるものにし、普段のお手入れでは、人の体への負担が無いものにしました。
下の写真は散歩帰りに、サッと足を洗えるよう、ドッグラン横に設置されたドレッサーになっています。

細かい工夫で快適な暮らしを実現!!



お出掛けする際や、買い物帰りなど、少しだけ愛犬から目を離さなければならない場合でも、玄関横にリードフックを設置しておけば、安心して作業をすることができます。



階段下のスペースに愛犬用のトイレを設置。
消臭効果のある素材を使い、快適な暮らしを実現しました。この他にも、愛犬の目線に合わせた「お迎え窓」や、お客様が来られた際に使用するケージなども設置して、より良い暮らしを実現しました。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram