「築30年の家を今のライフスタイルに!」人も愛犬も暮らしやすい愛犬家リフォーム。

「家が欲しい」と思い立ったとき、最近では、新築住宅を建てる・買うというパターンだけではなく、「中古住宅を購入してリフォームする」という選択肢を選ぶ方が多くなってきました。
中古住宅を選ぶメリットとしては、「比較的便利な立地にある」、「新築住宅より低予算で家が手に入る」といったものが挙げられ、良い物件に出会うことができれば、相当お得にマイホームを取得することが可能になります。とはいっても、「家の中身がどうなっているか分からない」といったデメリットもあり、中古住宅購入を躊躇される方も少なくありません。
 どちらを選ぶにしても、できることであれば、「いい家(建物や立地)を出来るだけ安く手に入れたい」と誰もが思うことかもしれません。

下のグラフは、愛犬家の方々が家づくりをされる際に、「詳しい人のアドバイスが必要か?」というアンケート結果で、68%の方々が必要だと回答しました。良い家を手に入れるためにプロのアドバイスが必要なのと同様、良い愛犬家住宅を造るためには、犬に詳しいプロのアドバイスは必要です。今回ご紹介する事例も、愛犬家住宅のプロが手掛けた、「中古住宅リフォーム」ですので、参考にしていただければ幸いです。

愛犬と「一緒に過ごす」自由な空間を実現しました!


愛犬と室内で一緒に暮らす場合、「人と愛犬のエリアを分ける方法」と「空間を分けずにいつでも一緒に暮らす方法」に分けられますが、今回のリフォームでは、愛犬がいつでも自由に家の中を移動できる「一緒に過ごすライフスタイル」を実現しました。和室(畳)は洋室にリフォームし、1階の床面は、通常のフローリングでは愛犬に負担がかかるため、快適に過ごせる「滑りにくいフローリング」に張り替えました。また、要所では「キズの付きにくい床材」「シミになり難い床材」など、お互いが快適に暮らすための素材選びをしました。
 

中古住宅は、細かい部分への心配りがポイント!

・Before

リフォーム前の間取りでは、愛犬が自由に活動できるスペースがほとんどありません。こういった間取りで愛犬と室内で暮らす場合、リビングの一角にケージなどを用意するといった手法が主流で、愛犬にとってはリビングしか活動できるスペースがないため、ストレシが溜まりやすくなってしまいます。

・After

リフォーム後の間取りでは、まず、愛犬の活動できるスペースが格段に増えたことが大きな変化となっていて、自由に家の中を歩き回れるような工夫が施されています。散歩から帰ってきた際には、玄関ポーチ横に設置した「立水栓」で泥を落とせるようにしたことや、立水栓横を通り裏口に回ると、愛犬用の出入り口があり、濡れた体でもすぐに室内に入れるようなスペースを新設。いつでも一緒に過ごせるように愛犬専用の洗面台も設置し、ニオイや汚れをしっかり落としてリビングに入れるようになっています。

リフォームポイント①

床のすべりや段差の解消‼︎
すべりやすい床は愛犬の足腰に負担を与えてしまいます。ひどいケースでは、腰痛や関節症を引き起こしてしまうこともあるため対策は重要です。また、中古住宅では、小さな段差がたくさんあるため足を引っ掛けて怪我をすることもあります。そこで、床の段差を解消し、床材には「ペット用の床材」を採用することで快適な暮らしを実現しました。

リフォームポイント②

犬兼用洗面化粧台で愛犬も清潔‼︎
愛犬と一緒に暮らすと気になるものの1つに「ニオイ」があります。そこで、愛犬専用の洗面台「Bonito」を設置し、ニオイ発生を軽減させる工夫を施しました。マイクロバブルで毛穴の汚れまで落とせる機能や浴槽のように体全体がスッポリ入る仕様で快適に使用できます。

リフォームポイント③

壁や床材の汚れを素材で解消‼︎
愛犬が付けてしまった汚れは、意外としつこく頑固です。またシミになってしまうことも多々あります。そこで、壁紙には撥水機能がついた素材を使用し、おしっこ等で汚れてしまっても簡単に拭き取ることができ、床材にはシミのつきにくい素材を採用しました。
 

「大きく変えるポイント」と「ちょっとした工夫で出来ること」素材選びや造作で、より暮らしやすい空間を演出。


Aお手入れは広々スペースで快適に!
ほとんど別室となっていたキッチン&リビング、さらには和室の壁を取り壊して広々リビングを実現し、以前キッチンがあった場所を愛犬用スペースにしました。床もお掃除がしやすいタイルにし、洗面化粧台もワンちゃんが洗えるものを設置しました。ワンちゃんのことと家事をゆったり出来るスペースができました。

B家中を遊び回れる小さな工夫

図面のBにあたる箇所のドアには、小さな小窓を設け、愛犬がいつでも自由に出入りできる工夫を施しました。こうすることで、愛犬が家中をクルクルと自由に回れるようになり、ストレスフリーな暮らしが可能になります。自由に走り回れる空間にすることで注意が必要なのは、「床の素材」です。走り回ってもけがをしない、足腰に負担をかけない素材を選ぶことも、とても重要になってきます。

C自分だけの居場所で安心感を‼︎

玄関横にあった階段下の収納スペースを上手に活用して、愛犬のプライベートスペースを確保しました。元々は廊下に面していた収納スペースの開口部を閉じ、リビング側に開口部を変更することで、人のくつろぎ空間と愛犬のくつろぎスペースを同居させることに成功。階段下のデッドスペースは高さが低くなり、あまり活用方法がありませんが、愛犬にとっては十分なスペースになり、プライベート空間を提供することが出来ました。
 

プロのアドバイスをもとに考えた、愛犬家住宅リフォームだから「安心な暮らし」が可能に!


大切な愛犬と快適な暮らしを送るためには、愛犬とどのような暮らしを送りたいかという、「ライフスタイル」をしっかり考え、それらをもとに「愛犬にとって必要な設備」をどこに設置するかといった計画が重要になってきます。人が家事動線を考えて間取りを計画するのと同じように、愛犬家住宅では、人の動線と「愛犬の動線」を考えて間取りを計画することがポイントになるのです。
今回の中古住宅リフォームでは、愛犬家住宅を手掛けるプロフェッショナルが、愛犬と人の生活リズム、生活動線を考え、必要最低限な工事で快適な暮らしを実現しました。大規模なリノベーションではなく、古い間取りを活かしながら、大事な部分だけを大胆にリフォームすることで「予算」をしっかり守りながら、理想の暮らしを手にすることも可能です。愛犬のための「過ごしやすい環境づくり」「健康で長生きできる空間づくり」、そして愛犬だけのためではなく、人にとって「愛犬の世話が軽減できること」も計算した、よりよい環境へと変えていくことが「愛犬家住宅コーディネーター」と一緒に作り上げる愛犬家住宅の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram