• 公開日時:
  • 更新日時:

【犬の寒さ対策】寒さに弱い犬や寒さ対策に便利なアイテムをご紹介

犬は人間に比べ、寒さに強い動物といわれています。
しかし実は寒がりな犬もいるんです。
寒さに弱い犬は、人間と同様に寒さ対策が必要です。

そこで今回はどんな犬が寒さに弱いのか?
寒さ対策に便利なアイテムや、おすすめの寒さ対策グッズも併せてご紹介します。

犬に寒さ対策は必要?犬も寒さを感じる?

犬の体温の平熱は大体38度台といわれています。
人間に比べ体温が高い分、人間よりは寒さに強いですが、気温の低い日は犬でも寒さを感じます。

犬が寒いと感じている時はブルブルと震えたり、体を丸くするなど見た目でもわかるサインを出します。
愛犬の様子を注意深く観察し、犬のサインを見逃さないようにしましょう。

寒さに弱い犬とは?


それでは実際に寒さに弱いといわれている犬をご紹介します。

幼犬・シニア犬

幼犬やシニア犬は自分で上手く体温調節をすることができません。
そのため寒さにも弱いので、飼い主さんが気を配って愛犬の体温調節をしてあげることが大切です。

小型犬

小型犬は体重に対して表面積が大きい分、体の熱を放熱しやすく寒さに弱いといわれています。

【小型犬の例】
チワワ・ヨークシャテリア・ミニチュアダックスフンド等

シングルコート

犬の被毛には体の表面に生えているオーバーコート(上毛)と、オーバーコートの下に生えているアンダーコート(下毛)があります。

シングルコートとは下毛がなく、上毛のみの被毛のことをいいます。

下毛は防寒の役割もあるため、上毛のみのシングルコートの犬種はダブルコート(上毛、下毛の二重構造)の犬種に比べ寒さに弱いといわれています。

【シングルコートの例】
トイプードル・シーズー・マルチーズ・ウィペット等

犬の寒さ対策に便利なアイテム




それではここで犬の寒さ対策に便利なアイテムをご紹介します。

エアコン

犬に直接熱風が当たる心配もなく、部屋全体を暖めてくれるので、エアコンは便利なアイテムです。

しかし、エアコンの温度には注意が必要です。犬は気温や湿度の高さに弱い動物です。
寒いからと人間と同じ感覚で、エアコンの温度を必要以上にあげてしまうと、犬が脱水症状をおこしてしまうこともあります。

犬にとって適切な設定温度は、犬種や年齢によっても異なるので一概には言えませんが、一般的に犬が快適に感じる温度は20度~22度前後といわれています。

愛犬の様子を見ながら、愛犬にあった温度設定をしてあげてください。

毛布

寒い季節に毛布は必須アイテムです。
ケージやベッドに敷いたり、お出かけの時には持ち運びもできます。

しかし噛み癖のある犬は、薄手の毛布だと嚙みちぎり誤飲してしまう危険もあるので、できるだけ厚手のものにしてあげましょう。

ホットカーペット

床から冷気をダイレクトに感じやすい犬にとって、ホットカーペットは直接体を温めることができる便利なアイテムです。

しかし、温度が高すぎたり、高温のカーペットに長時間接触すると低温やけどをしてしまう危険もあります。

設定温度には十分気をつけ、犬が熱いと感じた時には移動できるように半分だけ温める設定にするなど工夫をしましょう。

ジョイントマット

できるだけ電化製品を使わずに寒さ対策をしたいとお考えの飼い主さんにおすすめなのがジョイントマットです。

床の上にジョイントマットを敷くだけでも床からの冷たさを軽減できます。

クッション性もあるので体への負担も軽減でき、取り外しもできるので汚れたら洗うこともできます。

ケージの中に敷いたり、ジョイントマットの上に毛布を敷くことで、さらに温かさを保てるでしょう。

夜寝る時の寒さ対策

犬が夜寝る時間は、飼い主さんも就寝する時間帯で、電化製品などもオフにしてしまうことが多いかと思います。

すると部屋の温度も下がるので、愛犬が寝る時の寒さ対策も大切になってきます。

しかしコード付きの電化製品は、犬がコードをかじって感電したり、火事につながる危険もあるので、できれば控えたいですよね。

そこで、ケージの中で寝ている犬には、先にもご紹介した毛布やブランケットがおすすめです。

ケージに毛布やブランケットを掛けるだけでも外気の冷たさから守ってくれます。
そして愛犬が寝るベッドにも厚手の毛布をひいてあげると温かくして眠ることができるでしょう。

おすすめの寒さ対策グッズ



それではここでおすすめの寒さ対策グッズをご紹介します。

ペット用ヒーター

ペット用ヒーターとはペット用の電気マットです。
https://item.rakuten.co.jp/tetuya/pet-6226/
ペット用ヒーター 価格2680円(税込)

コードは噛みつき防止のラセン菅で作られています。
犬がコードを噛んでも感電などの事故を防いでくれるので安心です。

低温やけど防止のため、設定温度に達すると電源が自動で停止し、温度が下がると自動で加熱する仕様になっています。

カバーは取り外しができて、洗濯機で丸洗いもできるので清潔を保てるのもいいですね。

湯たんぽ

湯たんぽにはお湯で温めるタイプ、電子レンジで温めるタイプ、充電式のものなどがあります。

その中でも電子レンジで温めるタイプの湯たんぽは、手軽に温めて使用できるので人気です。

https://item.rakuten.co.jp/lic-amigo/000-4976555948318/
ドギーマン ハート柄ペット用湯たんぽ 価格3980円(税込)

こちらの湯たんぽは遠赤外線効果があり、断熱カバーで温かさも長持ちします。
カバーのファスナーは防噛仕様になっており、丸洗いもできます。
電気を使わずに体を温められるのはいいですね。

防寒着

寒い日に散歩に出かける時などにおすすめなのが防寒着です。
犬用の防寒着は数多くありますが、犬に合ったサイズを選ぶことが大切です。

https://item.rakuten.co.jp/z-fashion/pet-m-008/?iasid=07rpp_10095___e4-laoxuw7v-7a-0fdc2a0f-ed2d-4b7e-8a17-0ef0e6d1ba7c
犬用ダウンベスト(サイズS・M・L・XL・2XL) 価格 3480円(税込)

こちらのダウンベストはサイズも豊富で、ハーネスもついているのでおすすめです。
ベストは防水素材なので雨の日でも安心です。
背中が開くジッパータイプになっているので、着脱も簡単なのがいいですね。

ペット用寝袋

 狭い場所を好む犬には、フィット感のある寝袋がおすすめです。

https://item.rakuten.co.jp/maxshare/max-a09291/
ペット用あったか寝袋M(W53㎝×D70㎝) 価格 2530円(税込)

サイズはS・Mの2サイズです。

マイクロファイバーフランネル素材を使用しているので肌触りもふわふわです。
ケージの中やリビング、アウトドアなど持ち運びも手軽にできるのがいいですね。

まとめ:犬にも適切な寒さ対策をしよう

年齢や、大きさ、犬種によって寒さに弱い犬もいます。
愛犬が寒さに弱い場合は、しっかりと寒さ対策をしてあげることが大切です。
しかし人間の感覚で寒さ対策をしてしまうと、犬には熱すぎて脱水症状になることもあるので注意が必要です。

犬はお腹を直に床にくっつけるので、低温やけどにも気を付けて、愛犬が快適に過ごせるお部屋の環境を目指しましょう。
 

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

AMILIEライター

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター