• 公開日時:
  • 更新日時:

様子を見守るだけじゃなく、快適も守ってあげたい。〜人にもワンちゃんにも心地よい住まいを考えたら、答えは「スペース・コア」でした〜

犬との快適な暮らしをカタチにした、スマートホーム・モデルハウス。そのプラットフォームとして導入したスペース・コアにいついて注文住宅工務店の齋社長に聞きました。

連動型で、よりペットに特化した環境が整えられる

それが導入の決め手という齋社長。ご自身も愛犬家であり、もともと段差や温度差のないバリアフリー住宅を意識していたとのこと。それに合わせてカメラや環境センサーと連動すると、ワンちゃんにもご家族にも、いっそう快適で安心な良い家になるという想いが強かったそうです。

内容が充実してコストは軽減。お客様の評判も上々

また、スペース・コア導入で、以前のIoTシステムより、つながる機器が増えたうえ、スマートホーム化のコストは抑えられたとのこと。「一つのアプリで全部できるのがいい」など、お客様からも好評だと教えてくれました。


愛犬家住宅専門店 株式会社プアナナーラ
代表取締役 齋 保雄さん

大工職人を経て、2011年に株式会社プアナナーラを設立。スーパーウォール工法をはじめ高強度な工法を用い、高性能住宅の新築・リフォームを手掛ける。愛犬は「ハグナ」(ボストンテリア・3歳・女の子)。


いわき市常磐モデルハウス〜愛犬と暮らす家〜


スペース・コア対応見守りカメラで室内のハグナちゃんを観察

ペットと暮らすシーンに合わせて自動で動く スマートホーム by SpaceCore

家のIoT機器をスペース・コアが一元管理。機器を相互に連携させ、人とペットに快適なスマートホームを実現します。


インターネットを通じて遠隔操作できるIoT機器をまとめて一つのスマホアプリで管理できます。

ペットだけのお留守番のとき
WEBカメラに映るペットの様子をスマートフォンでチェック。さらに、ただ見守るだけでなく、温度や湿度、照度(明るさ)を調節して「快適に過ごす」ための見守りが可能に。離れていても常に快適な状態をキープできます。

室内の温度差が気になるとき
ペットが生活しているのは、冷気が溜まりやすい低い位置。その高さに合わせて環境センサーを設置すれば、ペット目線で快適環境を整えられます。

ペットと一緒のお出かけやお散歩のとき
玄関の出入りは、急かされたり、荷物が多かったり・・・。そんなときもスマホ操作で、ドアの施錠・解錠が簡単に。

この記事を書いたペット愛好家の住まいの専門家

都 裕貴

わんちゃんを飼っています。 宜しくお願い致します。

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅住まいづくり倶楽部

愛猫家住宅コーディネーター