国土建設株式会社

公式サイトへ

「木」を知り尽くした匠が手がける理想のペット共生住宅

良質な紀州産材を厳選して木が持つ本来の力を引き出す

紀州国土建設は創業以来、木造建築一筋。色つやがよく耐久性が高いといわれる紀州産材の中から良質なものを見極め、自社の乾燥窯で水分量を調節し、建材として最適な状態に仕上げたものだけを使用しています。良質な良好な状態で使うことで、木が持つ本来の力が最大限に発揮されるのです。

「私たち人間は数万年前から木に親しんできました。木のぬくもりには、遺伝子レベルで感じられる心地よさがあるのではないでしょうか」と、同社の瀧社長は語ります。自然素材ならではの色味や肌ざわりも含めて、木の魅力を感じられる家づくりが同社の強みなのです。

この度公開するモデルハウスでは、「人にも動物にも優しく心地よい家」を提案。ペットとともに暮らす家づくりを考える方100人からアンケートをとり、スタッフとの座談会も開催するなどして、「こんな機能があったらいいな!」という声を反映しました。ワンちゃん・ネコちゃんにとって安心・安全なだけでなく、汚れにくくお手入れもしやすいのでお世話の負担も軽減。免震工法やトリプルガラスといった先進技術も取り入れた、まさに理想のペット共生住宅です。

見学のお申込みはホームページの予約フォームから受け付け中。愛犬家・愛猫家の声から生まれたアイデアの数々をぜひ実物で体感してください。


インテリアになじみ、ぬくもりのある木製のキャットウォーク。最上段まで登ると窓から外が眺められます。


リビング収納の下部は、ケージのように使えるワンちゃんスペースに。窓から外が眺められるので、留守番の時のストレスもありません。


誤飲・誤食やケガを防ぐため、キッチンは格子扉で間仕切り。


ワンちゃんに必須の足洗い場を室内に設置。専用出入り口と玄関の2方向からアプローチできます。


公開中のモデルハウス。3台分の駐車スペースとスロープも用意しています。

風土と暮らしに適した家づくり 木材を知り尽くす「木の国」の匠

含水率をコントロールして人も犬も心地よい家に

県土の約8割が森林という和歌山県。紀州材は色つやがよく耐久性に優れていることから、古くから住宅用木材として重宝されてきた。

そんな「木の国」で家づくりに取り組む紀州国土建設が大切にしているのは、やはり「木」への向き合い方だ。
創業以来、木造住宅一筋。それも単純に構造や内装に木材を用いるのではなく、木の性質を知り尽くし、最適な状態のものだけを厳選して使っているのだ。

伐採した直後の木材は水分を多く含み、そのまま使うと乾燥とともに収縮するため割れやゆがみ、狂いが生じてしまう。
紀州国土建設では、自社の乾燥窯で水分量を調整し、1本1本検査したうえで建築に使用している。良質な素材を良好な状態で使うからこそ、木が持つ本来の力が発揮され、住まう家族に安心と安らぎをもたらしてくれる。

プランニングでは、施主家族のライフスタイルをじっくりとヒアリング。建築地の気候条件や日差しの入射角度に合わせて間取りを提案するなど、丁寧な家づくりが評判だ。
基礎には、免震システム「スーパージオ工法」を採用。耐震等級3相当の耐震性を標準としている。これも、「長く安心して暮らしてほしい」という瀧社長の想いの表れだ。

ひんやりとした床でワンちゃんが涼める広めの土間。奥には家族の靴をたっぷり収納できる靴棚を造作しました。


和歌山県岩出市 Hさん
延床面積 112.61㎡(34.1坪)
敷地面積 187.30㎡(56.7坪)
家族構成 ご夫婦+ワンちゃん2匹
竣工 2017年10月
白と木目のコントラストが爽やかな正方形のファサード。玄関ドアとポストの赤で引き締まった印象となりました。


「室内で暮らす愛犬の足にやさしいフローリングがいい」という施主様の想いから、床は全面無垢板張りに。


壁一面に造作したTVボードは、お気に入りの帽子や雑貨を飾る「魅せる収納」としても存在感を放っています。


全体のテーマカラーであるブルーを用い、寝室は爽やかに。ケージを置いて、夜もワンちゃんと一緒です。


ウリ(ポメラニアン・9歳・男の子)
シュプ(チワワ・2歳・女の子)


代表取締役/瀧 敏秀さん
設計・施工管理、住宅販売会社を経て、25歳で紀州国土建設を設立。愛犬家住宅コーディネーター・愛猫家住宅コーディネーター。

ワンちゃん・ネコちゃんを通して人と人のご縁もつなげたい

時間をかけても確かな家づくりでお客様の命と地域を守る

当社を設立する以前、設計や施工管理、そして営業の立場から住宅建築に携わってきました。多くのことを学びましたが、最も大切にしているのは「合理性に流されない」ということです。

工業化・システム化が進んでいる現在、作業工程の合理化によって工期やコストをカットすることが推奨されています。それ自体はよいことですが、短納期・低コストを求めるあまりクオリティーが下がっては本末転倒だと思うのです。無理やり合理化するよりは、時間をかけても納得していただける住まいを提案したいと考えています。そのために、最初のプランニングから「どんな暮らしをしたいか」というヒアリングをしっかり行い、迷ったときは原点に立ち返るようにしています。

また、「住宅を負の遺産にしない」ということも大きなテーマです。昨今自然災害は激甚化していますし、いうまでもなく、震災や津波が与える影響は計り知れません。お客様の命や財産を守ることはもちろんのこと、大地震の際に一棟でも多く残すことで復旧・復興を早める一助になりたいと考えています。基礎下に免震施工を行う「スーパージオ工法」を採用しているのも、そのためです。
 

人と動物の共生を目指して「わんにゃんフェスタ」を開催

当社主催のイベント「わんにゃんフェスタ」は今回で2回目となります。今回は5団体に出展いただき、前回の倍近くの方がご参加頂きました。スタッフ一同うれしく思っております。

開催のきっかけは、懇意にしている獣医師からの縁でした。動物愛護団体の方から殺処分となるワンちゃん・ネコちゃんの話を聞き、愛犬家の一人として何とかしたい、と思ったのがはじまりです。譲渡会を通じて新しい家族を見つけてもらうことも目的の一つですが、イベントを通じて飼い主さん同士が交流する機会になればと願っています。

今後も当社では、愛犬家・愛猫家住宅のご提案を含め、人とペットが快適に暮らす環境づくりのお手伝いをしてまいります。 

モデルハウス

木の柔らかな表情と、内と外のつながりが感じられる小雑賀展示場。部屋から部屋へとつながる回遊動線や自然と長居したくなるような居心地のよさを体感していただけます。


小雑賀展示場
和歌山県和歌山市小雑賀770-26

ショールーム



打ち合わせスペースも兼ねた本社ショールームでは、無垢材の肌触りや加工の違いなども感じられる「空間展示」をご案内。メリット・デメリットを含めて、見て、触って、感じられるショールームです。広いキッズスペースもご用意しているので、ご家族でお越しください。

コラム


瀧社長の長女は、ドッグパティシエとして活躍中。大切な家族であるワンちゃんのために、厳選素材を使用したごちそうやケーキをオーダーで届けています。お祝いや記念日におすすめです。お問い合わせは当社でも受け付けております。
Dog patisserie Hoku https://dp-hoku.com/

AMILIE MAGAZINE掲載誌面AMILIE MAGAZINE掲載誌面

目次

    この企業の資料請求をする

    必須お名前

    ※エラーアラート表示エラーアラート表示

    必須お名前カナ

    ※エラーアラート表示エラーアラート表示

    必須メールアドレス
    任意電話番号

    ※エラーアラート表示エラーアラート表示

    任意住所

    ※エラーアラート表示エラーアラート表示

    必須問い合わせ種別


    企業の住所

    〒640-8319
    和歌山県和歌山市手平4丁目6番70号

    この会社の愛犬家住宅コーディネーター

    新宅 正

    私たちはみなさんの家族の一員として、そして良きパートナーとして、良い暮らしのご提案を行ってまいります。

    エリア:和歌山県

    愛犬家住宅コーディネーター

    愛犬家住宅住まいづくり倶楽部

    愛猫家住宅コーディネーター

    米田 光利

    エリア:和歌山県

    愛犬家住宅コーディネーター

    愛犬家住宅住まいづくり倶楽部

    お気に入り機能の利用には
    会員ログインが必要です!

    会員登録の上、ご利用ください。
    お気に入りした物件はマイページに表示されます。