• 公開日時:
  • 更新日時:

犬用のステップの選び方とおすすめ8商品を解説【愛犬家住宅が選ぶ】

犬を飼っているご家庭にとって、「犬用のステップ」は必須アイテムといえます。

というのも、犬にとって高低差のある段差はとても危険であり、身体にダメージを与えてしまうからです。もし犬を飼っているなら、"犬用のステップを準備するのがおすすめ

ここでは、犬と飼い主のための住宅情報を提供している愛犬家住宅が、犬用のステップの重要性やその使い方を解説するとともに、おすすめのステップを紹介しようと思います。

犬用のステップが必要な理由

犬用の階段

犬用のステップはなぜ必要なのでしょうか?まだその必要性を理解できていない人は、犬にとっての高低差の負担を知りましょう。

犬は人間と違って小さな生き物です。だからこそ、人間の家具や家では、危険や不都合がたくさんあります。犬用のステップは、以下のような理由で必要です。

  • 落下の防止
  • 犬の足腰への負担を減らす
  • 犬が登れないところに登らせる

それぞれの理由について解説していきます。

落下の防止

段差の高低差が大きい階段では、階段から降りるときに、犬は誤って転げ落ちる可能性があります。

段差が大きいと、一段ごとにジャンプして降りないといけないので、着地を失敗する可能性が高くなります。通常の階段は、人間にとっては歩きやすい幅ですが、犬にとっては幅が狭すぎて着地しづらいのです。それによって、着地に失敗して落下し、怪我をしてしまう可能性があるのです。

特にツルツルした素材の階段などでは、脚を滑らせて落下してしまうことがあるので注意が必要です。

犬用の階段を利用することで滑りにくくするとともに、段差を小さくし一段の幅を広く取ることができます。これによって、落下を防止することができるのです。

犬の足腰への負担を減らす

階段の登り降りは、どちらも犬の足腰に大きな負担をかけます。登りでは、犬は上の段に脚をおいて、後ろ脚で体を支えますが、後ろ脚のみで踏ん張っている状態になります。これが身体の中心の腰に大きな負担を与えます。

また、降りではジャンプして勢いよく着地をすることになります。その時に、前脚に全体重がかかってしまいますので、ダメージが大きくなります。

階段によるこういった負担によって、腰の椎間板ヘルニアなどの病気を引き起こしてしまうこともあります。特に足が短く、胴が長いダックスフンドやコーギーなどに負担がかかりやすいです。

犬が階段を利用するときには足腰に大きな負荷がかかりますが、犬用のステップやスロープを利用することで段差が小さくなり、この負担を軽減できるのです。

登れないところに登れる

犬だってソファやベッドなどでくつろぎたいもの。大好きな飼い主さんの横に寄り添うことで安心も得られます。

ですが、ソファやベッドなど、高さがある家具に登ることが犬は得意ではありません。特に小型犬は、その体の小ささからも登ることができないものが多いです。

そこで犬用のステップの出番です。ステップをソファやベッドなどの家具の前に置くことで、愛犬が負担なく登れるようになるのです。一緒にベッドで寝ているご家庭でもベッドの脇にステップを置いてあげると、登り降りが楽にできますよ。

犬用のステップはどんな所で利用する?

犬用の階段 写真

犬用のステップが必要なことは理解いただけたと思います。では、こういった犬用のステップは、どんな所で利用するとよいでしょうか?

具体的な利用シーンを紹介しておきますので、日常生活で活用してみてください。

玄関

玄関の上がり框が高いお家があります。そんな玄関では、犬は出入りするのが大変です。

犬用のステップをつけてあげることで、散歩に行くときや外出するときにも、負担なく登り降りすることができます。

玄関に置く場合は汚れやすいので、木製のものや樹脂製のものがよいでしょう。

庭への出入り口

庭への出入り口では、リビングの窓から庭へ降りるための段差がとても大きいです。

犬は庭にジャンプして飛び出すことがありますが、段差が大きいと着地の衝撃が体にダメージを与えてしまいます。また、家の中に戻るときに飼い主が持ち上げて入れてあげなくてはいけません。

こういった負担を減らすためにも、庭への出入り口には犬用のステップやスロープをつけてあげるのがよいでしょう。

ソファやベッド

犬にとってもソファやベッド心地よい場所です。また、飼い主とスキンシップが取れる場所でもありますよね。

ベッドやソファに引っ付けてステップを置いてあげることで、犬は自由に登り降りができるようになります。

こういった場所では、インテリアのひとつとなるのでおしゃれなデザインのものや、柔らかいクッション性のもの、カバーを洗えるようなものを利用するとよいでしょう。

2階への階段

一軒家では、上の階に上がったり下がったりするのに階段を利用しますが、この階段が犬にとっては障害になります。階段は段差が大きかったり、連続で階段があったり、滑りやすかったりするので、犬にとっては歩きにくい場所なのです。

また、足腰への負担がかなり大きくなってしまいます。

この負担を減らすためには、階段の段差を小さくするために段の数を増やしたり、滑りにくい加工をしたりするのがよいです。

車の出入り口

車で病院に連れて行くときや、ドッグランに連れて行くときなど、車で外に連れ出すようなときには、持ち運びしやすいステップを持っていくのがおすすめ。

犬はジャンプしておりるのが苦手ですし、アスファルトやコンクリートの地面は硬いですので、ステップでゆっくりと降りさせたほうがいいです。

折り畳めて、軽いプラスチック製のステップなどを利用するのがおすすめです。

【タイプ別】犬用のステップを紹介

【タイプ別】犬用の階段

犬用のステップには、クッション状のものや木でできたもの、持ち運びができるものなど、タイプごとに色んなものがあります。

小型犬にあったものや大型犬にあったものなどがありますので、飼う犬によって利用すべきステップも変わってきます。

さらに、家のなかの家具に設置するのか、庭に出る時に利用するのかなどの目的によっても変わってきます。飼う犬や利用シーンによってステップを選ぶようにしましょう。

以下では、それぞれの特徴ごとに、「こんな飼い主におすすめ」という情報も紹介していきます。

段差が小さなステップ

段の高さが小さなステップは、高い段差を登れない小型犬におすすめです。段の数が多く、それぞれの段差が小さいことで、小型犬の小さな足でも登ることができます。

段差が小さいステップは、ソファやベッドに登るためや愛犬がよく登ろうとする場所に置くのがおすすめです。

ファミリー・ライフ 小型犬用スロープ

ファミリー・ライフ 小型犬用スロープ

段数は5段と他のステップよりも高さのあるものです。段差は小さく、小型犬でも登ることができる高さになっています。

脚を引っかけないように、段の端が角丸になっています。ゆるやかな坂のように登れるのが嬉しいステップ。裏面に滑り止めもついているので安心です。

サイズ 約幅40×奥行64×高さ45cm
重さ 約1.5kg
素材 本体:ウレタンフォーム、カバー:ポリエステル100%

▶「ファミリー・ライフ 小型犬用スロープ」を見る

セルタン ドッグステップ4段 A387 ミニチュアダックスフンドモデル

セルタン ドッグステップ4段 A387 ミニチュアダックスフンドモデル

ソファメーカーである「セルタン」のドッグステップです。

4段のステップで、高さは34㎝です。ひとつひとつの段差は小さく作られているので、小型犬でも余裕で登ることができます。汚れに強いPVCレザーを使用しており、お手入れも楽々です。

熟練の職人がひとつずつ手作りで作っているので、品質も安心ですし、曲線的なおしゃれなデザインなのでインテリアアイテムとして利用できます。

サイズ 約幅405×奥行き810×高さ340mm
重さ 約4.2kg
素材 本体:ウレタン、カバー:合成皮革(ポリエステル100%)

▶「セルタン ドッグステップ4段 A387 ミニチュアダックスフンドモデル」を見る

クッション性のあるステップ

犬がステップを降りるときに、硬い素材では身体に大きな負担がかかりますが、クッション性のある素材を利用することで、負担を小さくすることができます。

クッション性のあるステップは、ウレタンやスポンジなどが利用されており、やわらかすぎず適度な硬さのものがよいです。犬の足腰を守ることができますよ。

ペティオ Petio ファブリッククッションステップ オーシャンブルー

ペティオ Petio ファブリッククッションステップ オーシャンブルー

ウレタンフォームとポリエステル、塩化ビニル樹脂でできたクッション性のあるドッグステップです。

ゆるやかな傾斜で小型犬でも問題なく登れますし、ステップは幅広なので大きな犬も楽々登れます。

広げてマットとしても利用できますし、2台を組み合わせて3段ステップにも使うことができます。ある程度の重さと滑り止めによって、勢いよく登ってもずれることがありません。

他にはないきれいな色合いも特徴で、インテリアにマッチすること間違いなしです。

サイズ マットm:幅40c×高さ12.5cm×奥行75cm、ステップ:幅40cm×高さ25cm×奥行50cm
重さ 約3.5kg
素材 表地:ポリプロピレン、芯材:ウレタンフォーム、底面:ポリエステル、塩化ビニル樹脂

▶「ペティオ Petio ファブリッククッションステップ オーシャンブルー」を見る

iDog たためるiStep 2段

iDog たためるiStep 2段

フラットにすれば愛犬がくつろぐ場として使用でき、折り畳むことで2段のステップとして利用できる犬用のステップです。1段の高さは約9cmと低めのタイプなので、小型犬でも登り降りが楽々です。

中身は適度なクッション性があるソフトウレタンでできており、小型犬が登り降りするときの関節へのダメージを抑えます。中身だけでなくカバーも適度なふんわり感で、犬に優しいステップです。

若干軽いので小型犬以上になるとずれることもあるので、注意が必要です。

サイズ 幅40cm×高さ18.5cm×奥行44cm
重さ 約600g
素材 本体:ソフトウレタン、カバー:ポリエステル85%、ナイロン15%

▶「iDog たためるiStep 2段」を見る

カバーが洗えるステップ

犬のためのステップを置いて日常的に利用していると、どうしても汚れてきます。

ワンちゃんは粗相をすることがありますし、汚れた足でステップを登ることもあります。そんなときのためにも、ステップのカバーは取り外せて洗えるものだと便利です。

パピーとシニアのための優しいドックステップ

パピーとシニアのための優しいドックステップ

フラットにもできる犬用のステップです。素材や安全性にこだわった高品質な商品です。

通常のステップはチップウレタンを利用していることが多いですが、単層構造のウレタンを採用。接着剤の臭いがしないので、臭いに敏感なワンちゃんも利用しやすいステップです。

カバーは綿100%で滑りにくく、お肌にも優しいステップです。さらに、防水機能のあるインナーカバーがついており、本体のウレタンを水分から守ります。粗相やよだれ、エサの汚れがウレタンに染み込んで臭くなったり、不潔になったりすることを防いでくれます。

30kgの中型犬まで利用できます。

サイズ ノーマルタイプ:約80×40×15cm 二つ折り対応、ロータイプ:約76×40×9cm 二つ折り対応
重さ 不明
素材 本体:ウレタンフォーム、カバー:綿100% オックス生地、防水インナーカバー:ポリエステル100%

▶「パピーとシニアのための優しいドックステップ」を見る

SLEEPY ペットステップ【レギュラータイプ】

SLEEPY ペットステップ【レギュラータイプ】

折り畳んでステップにしてもフラットでも利用できるタイプの犬用のマットです。高さやサイズは3種類あり、家具やペットに合わせたものを選ぶことができます。

外カバーを外して洗濯ができるので、汚れても安心です。長く利用できるステップです。

日本でデザイン・設計をし、海外工場で製造したものを輸入しているので、お手頃価格で購入することができます。

サイズ 幅380×奥行440×高さ240mm
重さ 約800g
素材 本体:ウレタン、発泡スチロール、カバー:ポリエステル100%

▶「SLEEPY ペットステップ【レギュラータイプ】」を見る

持ち運びができるステップ

犬を飼っていると、病院に連れて行ったりドッグランやお買い物に連れていったりすると思いますが、その時には車に乗せると思います。

特に、大型犬を飼っているときには、荷台や後部座席に乗せると思いますが、そこから降ろすときにはステップが必要です。硬い地面にジャンプするとワンちゃんの足腰には大きな負担がかかってしまうからです。

そんなときには、折り畳み式で持ち運びのできる犬用のステップを利用しましょう。また、家のなかでも持ち運びできるステップがあると、色んなところに運べて便利です。

YEPHHO ペット ドッグ カーステップ ステアーズ

YEPHHO ペット ドッグ カーステップ ステアーズ

アメリカから輸入されたペット用のステップです。

約77~102cmで高さを調節できるので、あらゆる車やワンちゃんのサイズに合わせられます。

また、フックで固定ができますし、幅広のステップの表面は滑り止め加工がされており、愛犬も安心して登り降りすることができますよ。

素材はメタルフレームですが丈夫で軽く、約5kgと軽量なので持ち運びも楽です。耐荷重は約68kgまでとなっており、中型犬~大型犬まで対応しています。

サイズ 最高:長さ130cm×高さ102cm、最低:長さ199cm×高さ77cm
重さ 約5kg
素材 メタル

▶「YEPHHO ペット ドッグ カーステップ ステアーズ」を見る

マルカン ゴン太の折りたたみ式SLOPE ブラウン

マルカン ゴン太の折りたたみ式SLOPE ブラウン

持ち運びできる小型の折りたたみスロープです。ペット用品の専門メーカーであるマルカンの商品です。

30cm程度の高さのスロープなので、家のなかや外への出口などの段差で利用するのがおすすめ。折りたためますし軽いので、持ち運びも簡単です。

滑り止めパッドがついているので、床面を傷つけませんし、ずれにくいので安心です。カバーもついており、汚れたら手洗いできるので、長く利用できます。

サイズ 約幅30cm×奥行50cm×高さ30cm
重さ 不明
素材 カバー:ポリエステル100%、本体:PP、すべり止めパッド:EVA

▶「マルカン ゴン太の折りたたみ式SLOPE ブラウン」を見る

アイデアが光る!犬用の階段リフォーム事例を紹介

また、家の1階と2階をつなぐ階段は、特に注意が必要です。犬が2階に自由に行けるようにしている場合や、犬の寝床を2階に設置している場合には、ワンちゃんは階段を日常的に利用することになります。

それによって、足腰に深刻なダメージが蓄積し、最終的にヘルニアや股関節の病気になったりするのです。滑り止めやなどを設置するのもよいですが、そもそも人間用の階段は段差が大きすぎるので、リフォームをして犬のための階段に変えるのもよいでしょう。

ここでは、犬用の階段にリフォームしたお家の事例を紹介します。これらを参考に、愛犬が快適に登れる階段にリフォームしてみてはいかがでしょうか?

スロープを設置

こちらの事例は、人間が登る階段の脇に犬用のスロープを設置した例です。

登山道のような犬用のスロープには、足がかりのピッチを作り、犬が登り降りしやすくしています。

傾斜は人用の階段よりも緩やかにしており、小型犬でも負担なく登れます。

この事例が掲載されているページはこちら

段差を小さく

犬用の階段を人間用の階段とは別で作り、幅が狭く小さな段差の階段をたくさん作った事例です。

階段が低いので小さな犬でも楽に階段を上ることができます。手すりのような柵をつけることで、転落を防止しています。

リビングに降りてくるときには、部屋を愛犬が横切る姿をみられて癒されること間違いなしです!

この事例が掲載されているページはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?階段による犬への影響、犬用のステップが必要な理由や犬用のステップが必要な場所、タイプ別の犬用のステップを紹介してきました。

犬は段差のあるところを降りたり登ったりすると、足腰にダメージが蓄積します。愛犬の体を守るためにも、飼い主はこのことをしっかりと理解して、犬用のステップを用意してあげるべきです。

犬用のステップにも様々なものがありますので、愛犬の体格や家具など、シチュエーションに合ったものを利用しましょう。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅編集部

愛犬は大切な家族の一員として、私たちと同じ住環境で暮らしています。ほんの少し愛犬の目線になることで人も愛犬も、ともに安心・安全・快適に暮らせる新しい住まいが見えてくるかもしれません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなの笑顔があふれる住まいについて考えていくこと。それが、「愛犬家住宅」。

愛犬と幸せに暮らす住まい工夫事例をお届けします。

>愛犬家住宅のInstagram