• 公開日時:
  • 更新日時:

犬にとって危険な植物・安全な植物まとめ

観葉植物や庭のお花は癒しを与えてくれますが、犬にとっては危険なものもあります。

犬は植物を食べることがあり、特定の植物を食べてしまうと、中毒を起こしたり、嘔吐、下痢などの症状を引き起こしたりすることがあるからです。

だからこそ、山や散歩道、公園などの屋外だけでなく、家のなかや庭など、植物には注意をしなくてはなりません。散歩に行く時に犬が口にしないように気をつけるとともに、家のお庭に植物を植えるときや室内に観葉植物を植えるときには、十分注意をしましょう。

私たちは、愛犬家住宅コーディネーターの方に対して、愛犬家住宅の情報を提供していますが、その際に植物に関しても説明しています。その内容を元に、この記事では犬にとって危険な植物、安全な植物の情報を紹介します。

犬にとって危険な植物の情報まとめ

チューリップと犬

庭や散歩途中にある植物のなかで、犬が口にしてしまうと危険なものを紹介しておきます。

犬にとって危険な植物とは?

犬には本来、本能として危険な植物を自分で嗅ぎ分ける力が備わっています。ただし、もちろん誤って食べてしまうことがあるので、飼い主さんが事前に注意することで、愛犬の危険を減らすことができます。

以下のような植物は庭に植えないようにする、植える場合には囲いをするのがよいでしょう。また、道端でこういった植物がある場合には、犬を近づけないようにする、といった対処をしましょう。

中毒を起こす植物 その症状
チューリップ(球根) 嘔吐・下痢・心臓マヒ
アサガオ(種子) 嘔吐・下痢・幻覚・血圧低下・瞳孔散大
キキョウ(根) 嘔吐・下痢・胃腸炎・血圧低下・溶血
クリスマスローズ(全草・根) 嘔吐・下痢・不整脈・血圧低下・心臓マヒ
シクラメン(根) 胃腸炎・痙攣・神経マヒ
ジンチョウゲ(花・根) 皮膚炎・嘔吐・下痢
スイセン(植物全体) 嘔吐・下痢・神経マヒ・血圧低下
パンジー(根茎・種子) 嘔吐・神経マヒ
ポインセチア(茎・葉) 嘔吐・下痢・皮膚炎・痙攣
ユリ(植物全体) 腎不全
ポトス(汁液) 胃腸障害・皮膚の炎症
ポトス(植物全体) 口内炎・皮膚炎
アジサイ(つぼみ) 痙攣・昏睡
スズラン(植物全体) 嘔吐・下痢・痙攣・呼吸困難
ツツジ(葉・蜜) よだれ・嘔吐・下痢・筋力低下
アロエ(樹液) 下痢
アセビ 腹痛・下痢・嘔吐・神経麻痺・呼吸麻痺
ホウズキ(果実・葉) 嘔吐・下痢・腹痛・頭痛・血圧低下
ナンテン 運動失調・発作・呼吸不全・昏睡

ポトスでは、汁液と植物全体で違った症状があらわれるように、同じ植物でも有害成分が含まれる部分が違うこともあるので注意しましょう。

ただし、ここで紹介しているのは危険な植物の一部です。気になるものがあれば調べてみることをおすすめします。

危険な植物を食べた時に見られる反応は?

寝ている犬

犬が食べてしまうと危険な植物を紹介してきましたが、愛犬が食べたかどうかはどう判断すればいいのでしょうか?

一般的に、危険な植物を食べた場合には、嘔吐や下痢、よだれ、食欲不振などの症状があらわれます。このような症状があらわれた場合には、植物も疑ってみましょう。

愛犬のサイズや体格によって、植物を食べてから症状が悪化して命の危険につながってしまうことがあります。特に小型犬を飼っている方などは、このような反応が見られた場合には、なるべく早く動物病院に連れていって診察してもらいましょう

動物病院では、吐かせる処置や薬の処方をしてもらえます。

危険な植物を犬が食べてしまった時の対処法は?

中毒症状は、口にした有毒成分の種類や量、犬の体質によって、症状・発症するまでの時間が異なります。

もし、愛犬が危険な植物を口にしてしまった場合や、食べてしまったかもしれないと疑われる場合には、早急に動物病院に連れていきましょう。

いざという時のために、かかりつけの動物病院や救急でも対応してくれるところを調べておきましょう。

危険な植物を食べさせないしつけ

愛犬が道端の植物や庭の植物を食べることを防ぐためには、愛犬に食べてはいけないと覚えさせるしつけをしておくのがおすすめです。

しつけの手順としては、以下のように行ってみましょう。

  1. お散歩中や、庭での遊び
  2. 植物を食べようとしたら速やかに引き寄せてやめさせる
  3. 目をにらんで、恐い顔と低い声で叱る
  4. 植物を指さして、食べてはいけないと目を合わせ言い聞かせる。やめたら褒める
  5. 次の場所でも食べようとしたら4を繰り返す
  6. これを数回繰り返す

犬に危険な植物を食べてはいけないとしつけることで、危険な植物を食べなくなります。

犬に安全な植物

ラベンダーと犬

もちろん、植物のなかには犬にとって危険なものだけでなく、犬の健康や体調によいものもあります。

犬は体を舐める習性がありますが、その時に毛を飲み込んで胸やけや胃腸障害を起こすことがあります。そんな時、本能的に草を食べて胃を刺激し、飲み込んだ毛などを一緒に吐き出して、胃腸の健康を守ろうとします。

下記のような植物を食べても問題ないですし、食べさせればよい効果を得られますよ。

犬に安全な植物 その効能
カモミール リラックス効果、虫よけ効果、鎮痛効果
ローズマリー 疲労回復、除菌・消臭効果
ゼラニウム 抗炎・抗菌作用、虫よけ効果
ラベンダー リラックス効果、鎮痛効果、殺菌効果
クマザサ 胸やけ解消、体臭を抑える
えん麦 胸やけ、胃もたれ解消
ユーカリ 免疫力回復、殺菌作用、ハエよけ
タイム 消臭効果、消毒作用
ペパーミント 除菌・消臭作用、乗り物酔い

ただ、安全な植物であっても、殺虫剤や除草剤がかかっていることもあるので注意しましょう。

まとめ

犬が食べると危険な植物、食べたときの対処法、食べさせないしつけ、安全な植物などを紹介してきました。

犬は危険なものをわからずに口にしてしまうことがあるので、飼い主が十分に注意してあげなくてはなりません。そして、食べないようにしつけをすることが大事です。

今回紹介した内容を参考に、お庭にはできるだけ安全な植物を植えるとともに、散歩などでは危険な植物を口にしないようにしましょう。

また、庭にはフェンスなどを設置して、愛犬が草を食べないようにするのも大事です。フェンスについては、『犬を庭で放し飼いする時におすすめのフェンス5選!種類や注意点も』で紹介しているので参考にしてください。

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

都 裕貴

各地で愛犬家住宅の無料セミナー開催 株式会社愛犬家住宅の都です。 全国各地でセミナー開催をしています。 ペット愛好家のみなさまがペットと快適に暮らせる住まいづくりをサポートします。 ...

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター