• 公開日時:
  • 更新日時:

ペット対応のリフォームができる会社22選【リフォーム内容別でも】

ペットを室内で飼っていると、臭いや傷、周囲への音など、困ることや変えたい部分が出てくると思います。

そんな時には、お家をリフォームすることで悩みを一気に解決できることがあります。

ここでは、愛犬家住宅が蓄積してきた様々な会社やサービスの知見を用いて、ペットのためのリフォームにおすすめの会社を紹介するとともに、ペットのためのリフォームで考えるべきこと、注意すべきことを紹介しようと思います。

ペットのためのリフォームをしたいけどどこに頼めばいいかわからない、どんなリフォームをすればいいかわからない、という人のために内容になっていると思います。ぜひ参考にしてみてください!

ペットのためのリフォームネットワーク

ペットのためにリフォームするには、ペットのリフォーム専門のネットワークがおすすめです。

専門だからこそ、リフォームのノウハウがありますし、全国に店舗があるだけでなく、コストを抑えながらもトータルに最適な提案をしてもらえます。

愛犬家住宅専門店

「愛犬家住宅専門店」とは、株式会社愛犬家住宅が運営する資格である愛犬家住宅コーディネーターがいる店舗のことです。

愛犬家住宅コーディネーターは、愛犬が暮らしやすい環境、ケガをしない環境、飼い主も不快な思いをしないお部屋の知識を学んでいます。

愛犬にとってくらしやすい住宅のプランニングや具体的なリフォームの提案をしてくれます。

犬にとって最適な住宅だけでなく、愛犬のしつけや育て方なども教えてくれるので、おすすめしたいネットワークです。

▶愛犬家住宅専門店はこちら

LIXILリフォームショップ

住宅設備機器の大手であるLIXILが展開する、リフォームのフランチャイズチェーンです。

チェーンに属している会社に依頼することで、LIXILの高品質な製品を利用できます。建築有資格者がしっかりヒアリングしてから提案してくれるので、生活のなかで本当にペットにも飼い主のためにもなるリフォームをしてもらえます。

LIXILグループだからこそ、傷つきにくいタイルや消臭効果があり、傷もつかない壁紙を使用できます。コンセントの位置を高くするなど、細かなポイントまでトータルに対応してもらえます。

加盟店は日本全国に約550店舗ありますので、どんな地域でも対応してもらえるのが嬉しいですね。

▶LIXILリフォームショップはこちら

PanasonicリフォームCLUB

PanasonicリフォームCLUBは、パナソニックの理念に共感するリフォーム専門ショップのネットワークです。

パナソニックブランドの製品を、コストを抑えながらリフォームに取り入れることができますし、豊富な知識と経験を積んだスタッフにプラン二ングしてもらえます。

パナソニックだからこその高性能で優れた多くの製品を活用したペットとの快適なリフォームプランを提案。全国にリフォーム会社のネットワークがあります。

▶PanasonicリフォームCLUBはこちら

木耐協

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)は、住宅の耐震診断や補強プランの提案など、木造住宅の耐震性向上を目的とするネットワークですが、リフォームに関しても様々なメリットがあります。

木耐協は国土交通省の「住宅リフォーム事業者団体登録制度」に登録されており、全国に約1000社の組合員がいます。

耐震だけでなく、暮らしやすい住宅についての知識も蓄積しているので、愛犬にとって暮らしやすい住宅にリフォームすることができますよ。

▶木耐協はこちら

リノベ不動産

リノベ不動産は中古物件を購入して、リノベーションをして販売している会社です。既存の住宅のリフォームだけにも対応しており、愛犬に合った家にリフォームしてもらえるでしょう。

リノベーション専門の会社だからこそ様々な知見を蓄えており、ペット愛好家にとっても快適なリノベーションの提案を任せられます。

物件の構造や断熱性などもチェックしてくれますし、ファイナンシャルに長けたコーディネーターがリフォーム費用を計算してくれるのでコスト面でも安心です。

▶リノベ不動産はこちら

ペットのためのリフォームにおすすめの建材会社

家全体をリフォームしてもらう場合には、リフォーム専門の会社がよいですが、解決したいお悩みが決まっている場合には、その目的に合った会社に依頼するのがおすすめ。

例えば、ペットによる傷で壁を変えたいだけなら、壁材や壁紙に特化している会社に依頼する方が性能のよいものを利用できます。

このように、目的ごとに商品を作っている会社もあるので、もし部分的なリフォームをしたい場合には、目的ごとに会社を選んでみてください!

傷対策のリフォーム

傷対策のリフォーム

猫は壁や柱で爪とぎをすることがありますし、犬は壁紙や網戸を噛んだりすることがあります。

壁や壁紙、網戸がボロボロになってしまうなんてことも…。リフォームをすることで、こういった傷を防ぐことができます。

壁に対しては表面を強化した壁紙を貼ったり、腰壁を利用する、漆喰の塗り壁にするなどの方法で傷を防ぐことができます。さらに、網戸は強度が高められたものを利用することで、傷がつくのを防げます。

サンゲツ

サンゲツは、壁装材や床材、ファブリックの開発・販売をしている会社です。

「スーパー耐久性」や「消臭快適フロア」など、ペットの爪による傷を防ぐ壁紙や床材をたくさん作っています。サンゲツブランドだからこそ、安心の性能の製品です。

全国に取り扱いのリフォーム工事店やサンゲツショールームがあるので、幅広いエリアでリフォームしてもらえますよ。

▶サンゲツはこちら

大建工業

住宅用の内装建材のメーカーである大建工業は、耐久性・耐水性に優れた特殊合板を開発してきました。

ペットの足腰を守る床材「ワンラブフロア」、ペットによる引っかき傷がつきにくい壁材「ハピアウォールハードタイプ」なども開発。ペットの傷に対応したお部屋にリフォームすることができます。

これらの建材を利用したリフォームにも対応しています。

▶大建工業はこちら

ちなみに、ペットを飼う時におすすめの床は『犬用のフローリング6選!【犬に優しい床を利用しよう】』で、傷対応の壁紙は『ペットにおすすめの壁紙まとめ【傷・汚れ・臭い対応】』で紹介しているので参考にしてください。

断熱リフォーム

断熱リフォーム

ペットを飼っていると、室内の温度をペットに合わせなければなりません。夏場は暑すぎないように冷房が必要ですし、冬場も暖房を使って暖める必要があるのです。

常に冷暖房が必要になるので、そのための冷暖房費がかさんでしまいがちです。1年間で考えたらけっこうな出費ですよね。

そこで、断熱リフォームをすることで冷暖房費を抑えることができます。壁や天井、床などを断熱性能の高いものに変えて、外の温度が室内に伝わりにくくすることで、室内の温度の変化を防げるのです。

日進産業

日進産業は、JAXAがロケットのために開発した断熱技術を塗料に応用して断熱塗料「ガイナ」を作っている会社。

ガイナの塗膜は、密度の高い特殊セラミックのなかに空気を含んだ球体が多層に重なって構成されています。だからこそ、熱浸透率が低く、室内の温度を逃がすことがなく、断熱効果を発揮します。

お部屋の内装や天井にガイナを塗ることで室内の温度を一定に保つので、冷暖房費を大きく減らすことができます。

リフォームの施工については、全国にある施工店に依頼できます。

▶日進産業はこちら

ウッドファイバー株式会社

ウッドファイバー株式会社の木質繊維断熱材「ウッドファイバー」を、リフォームで壁のなかに設置することで、高い断熱性を発揮します。

北海道産のカラマツ・トドマツを原料としたバージンチップを使用したエコな断熱材であり、高性能グラスウールと同等の断熱性能を持っています。

熱容量が高く周囲の温度の影響を受けにくいので、夏季は暑くなりにくく、冬場は寒くなりにくいという特徴があります。

ウッドファイバーでリフォームをしたい場合には、お近くのリフォーム会社に相談することで取り入れることができます。

▶ウッドファイバー株式会社はこちら

コスモプロジェクト

天然繊維のウールでできた羊毛断熱材「サーモウール®」を製造・販売しているコスモプロジェクト。

「サーモウール®」には高い断熱性があるだけでなく防結性能もあることから、リフォームで壁内に設置すれば日本の高温多湿な環境でも住宅を守ってくれます。日本国内のISO9001認証自社工場で製造しており、その品質も信頼できます。

リフォームに取り入れることで、ペットのための冷暖房費を抑えることができるだけでなく、住宅を長持ちさせることができます。

▶コスモプロジェクトはこちら

ペットにおすすめの壁材については『ペットを飼っている家のおすすめ壁材と、その選び方を紹介【完全版】』で紹介しています。

防音リフォーム

防音リフォーム

ペットの鳴き声や足音は、意外と周囲の住人への迷惑になっていることがあります。

お部屋のなかで飼っていたら音はそんなに漏れていないと思うかもしれませんが、ペットの声というのは思ったよりも大きいですし、高い音なので伝わりやすいです。また、マンションによってはペットの足音も下の階には伝わることもあります。

そんな時には防音リフォームをすることで、迷惑な音を防ぐことができます。防音リフォームは、壁に防音性能のある壁紙や塗料を使用したり、防音効果のある断熱材を壁に入れたり、防音性能のある床材にリフォームすることです。

YKK AP株式会社

YKK APは、アルミ加工の技術を活かしてアルミサッシなどの建材を製造販売しています。

窓やドアは、音が外に漏れる大きな原因です。YKK APでは二重窓や防音ドアなども提供しており、ペットの鳴き声が外に漏れるのを防げます。

また、犬は外の音に反応して吠えます。二重窓は中の音を外に出さないのと同じように、外の音も中に入れないので、無駄吠えそのものを減らすことが期待できます。

二重窓「かんたんマドリモ 内窓 プラマードU」は、いまある窓に内窓を取付けるだけでいいので、簡単にリフォームできます。また、防音ドアはJIS性能遮音等級T-1の性能を持っており、高い防音性能があります。

▶YKK AP株式会社はこちら

日本特殊塗料株式会社

特殊な機能を持った塗料を開発している日本特殊塗料株式会社。その塗料を使ってリフォームをすることで、ペットの声対策ができます。

天井は音を反射しますが、吸音天井にすることで音を小さくすることができます。一般的に使われている天井塗料では、吸音天井材の機能を低下させてしまいますが、内外壁用塗料「NTキュウオンコートエコ」では、独自の技術によって吸音天井材の機能を維持します。

外からの音も防いでくれるので、ペットが外の音に過剰に反応するのも減らせます。

▶日本特殊塗料株式会社はこちら

犬の騒音対策、ペットの騒音対策の方法は、『犬の騒音対策をしよう!防音ができるアイテム13選』で紹介しているので参考にしてください。

臭い対策のリフォーム

臭い対策のリフォーム

ペットの臭いはお家に染みつくものです。飼い主はそんなに気にならないかもしれませんが、来客でのお客様などは臭いに不快感を覚えている可能性もあります。

ペットの体臭や排泄物の臭いは壁や天井につきやすいですし、ペットの粗相によって床やカーペットにも臭いがつきます。

こういったお部屋の臭いを対策するためのリフォームもあります。消臭効果のある壁紙を貼ったり、漆喰や珪藻土にすることで臭いの成分を吸着・分解できます。

また、汚れを弾く加工がされた壁紙や床材にリフォームすることで、粗相や汚れをさっと拭き取ることができ、しみ込むこともありません。

株式会社キムラ

株式会社キムラは住宅資材の総合商社です。建材の開発も行っており、「ゼオライト」と呼ばれる天然鉱石を利用した内装材「AZwall(エーゼットウォール)」を開発。

「AZwall(エーゼットウォール)」は、材料成分95%以上を自然素材ゼオライトを使用した内装塗り壁材です。リフォームに使用することで、多孔質なゼオライトの機能によって、ニオイの成分を吸着してくれます。

特に、アンモニアやメリルメルカプタン、硫化水素などの吸着に優れており、ペットのニオイを消臭してくれます。

▶株式会社キムラはこちら

株式会社EMMAX

空気をきれいにすることをミッションとしている株式会社EMMAXは、消臭効果の高い珪藻土塗り壁「メルシー・シリーズ」を開発。

珪藻土・しっくい・ほたて貝・火山灰を独自に配合することで、高い調湿性と吸着性を実現。ニオイのもとになる物質を吸着・分解します。

リフォームでメルシー・シリーズを壁や天井に塗ることで、ペットの臭いとなる物質を吸着・吸収・分解してくれ、お部屋のなかの嫌な臭いの発生を抑えてくれます。

オンラインショップで購入できるので、自分で購入し、工務店にリフォームをお願いすることもできます。

▶株式会社EMMAXはこちら

愛犬家住宅

このサイト「AMILIE」を運営する愛犬家住宅も、愛犬家住宅向けの塗り壁材「AJ-ペットウォール」を開発・販売しています。

「AJ-ペットウォール」は、自然素材100%の”生きた塗り壁材”です。消臭力は漆喰や珪藻土の3~6倍あります。さらに、酸化チタンと焼成ホタテの作用で壁に付着したあらゆるウイルスの99・9%を死滅させるので、臭いの元を分解させます。

家の広い面積を占める壁面や天井に塗れば、臭いを消しながら、人と愛犬の健康を24時間守ってくれます。

▶愛犬家住宅はこちら

▶AJ-ペットウォールはこちら

ダメージ対策のリフォーム

ダメージ対策のリフォーム

フローリングの床や階段というのは、ペットの体にダメージを与える可能性があります。

通常、爪を地面に食い込ませて歩くペットにとって、ツルツルと滑るフローリングは歩きにくいのです。常に踏ん張ろうとしたり、走った時に滑ってしまうことで股関節に負担がかかってしまいます。

また、高いところから飛び降りるときにも、滑るフローリングはペットの腰に負担をかけることがあります。

リフォームをして床を変えることで、このようなダメージを防ぐことができます。

永大産業株式会社

床材や壁材、収納などを開発・販売している永大産業株式会社は、ペットが滑りにくいフローリング材「エコメッセージSパワーアトム」などを販売しています。

木材の表面に特殊防滑コートを施すことで、ペットに程よい防滑性を持たせています。ペットが滑ることがありませんので安心です。

また、リフォームしやすいように現在使用の床をはがさず、上から貼るだけで新しいフローリングになる床材なども提供しています。

▶永大産業株式会社はこちら

株式会社ノダ

株式会社ノダは、木材の住宅建材メーカーです。ドアや床材、内壁材などを製造しています。

国産材合板+MDFの上にNEXシート、防滑塗装を施した床材「JネクシオWF」はペットが滑りにくく、ペットの粗相にも対応しており床面の変色を抑えてくれます。

この床材にリフォームすることで、汚れや傷がつきにくいですし、床暖房にも対応できるのでリフォームするときにも安心です。

また、クッション材+MDFにNEXシート、防滑塗装を施した床材「ネクシオ ウォークフィット45 防音フロア」もあります。

▶株式会社ノダはこちら

動線リフォーム

動線リフォーム

ペットのための動線にリフォームすることで、ペットのストレスを減らすことができます。

ペットは自分で扉を開くことができないのでペットドアをつけてあげたり、犬が走れる通路を作ってあげたり、猫にはキャットウォークを設置するなど、ペットは快適に過ごすことができるのです。

ペットの動線のためにリフォームをすることで、ペットがストレスを受けず、ストレスが原因の病気や運動不足を減らすことができるかもしれませんよ。

アトムリビンテック株式会社

アトムリビンテックは、住宅用内装金物のメーカーです。引戸の閉まり際をゆっくりにするソフトクローズシステムや、フラップ式のペットドアなどを開発してきました。

オリジナルのペットドア「ペットくぐ~る」のフラップは2つに折れるので、ペットが通る時の衝撃を小さくできますし、しっぽの挟まりも防止できます。

ペットドアがあれば、いちいち扉を開けてあげなくてもペットは自由に移動することができます。ペットの動線のためにリフォームをすることができます。

▶アトムリビンテック株式会社はこちら

神谷コーポレーション株式会社

神谷コーポレーションは、ドア専門のメーカーであり天井までの高さのフルハイトドアの製造・販売を行っています。

デザイン性の高いフルハイトドアを利用すれば、お部屋の印象を一気に洗練されたものにすることができます。

フルハイトドアでありながら、ペットが通るためのドアが設置されているのがペットドア「Caro」です。ペットドアとは思えないようなスマートなデザインながらも、ペットが通りやすいポリカーボネート製のフラップがついており、ペットを傷つけることもありません。

リフォームすることで、ペットにも人間にも満足のドアにすることができますよ。

▶神谷コーポレーション株式会社はこちら

水回りのリフォーム

水回りのリフォーム

ペットの体を洗うときに洗面台が浅いと洗いにくいですし、逆に人間用のお風呂だと深すぎます。また円形の洗面台だとペットはツルツルと滑って立っていられません。

そこで、ペットにピッタリの深さで底が平らになっているものを利用すれば、ペットは安心してお風呂に入ることができます。

また、キッチンの水回りに関しても、対面式のキッチンにリフォームすることでペットの様子をチェックできます。キッチンはペットにとって危険なものがたくさんあるので、キッチンのエリアに柵を張って、ペットが入れなくするのもよいでしょう。

トクラス株式会社

トクラス株式会社は、主にキッチン・バスルーム・洗面化粧台の製造を行っています。自社で人造大理石を製造しており、質感とデザインにこだわったカウンターやボウルを実現。

ペット用の洗面化粧台も用意しており、十分な広さと深さがあるボウルを採用。リードをかけるフックもついています。

水撥ねを防止するガードや、床滑り・転倒を防ぐシャンプーマットなどもオプションで追加することができます。水回りをリフォームすることで、日々のペットのシャンプーが楽になりますよ。

▶トクラス株式会社はこちら

株式会社インクコーポレーション

株式会社インクコーポレーションは、浴室などのリフォームと、それに伴う建材や輸入建材の販売を行っている会社です。

洗面ボウルの品揃えは圧倒的で700種類以上を取り揃えています。ペット用のバスタブもたくさんあり、おしゃれなデザインでありながら、ペットが入るのにちょうどのサイズです。

排水栓もついているので、洗った水は下から流すことができます。お風呂や庭をリフォームしてバスタブを設置することで、周りを汚すことなくペットを洗うことができますよ。

▶株式会社インクコーポレーションはこちら

庭のリフォーム

庭のリフォーム

犬にとっては走り回れる場所があるのは大事です。庭をリフォームしてドッグランを作れば、犬は走り回ったり日向ぼっこをしたり、遊ぶことができます。またペット用の遊具もあるので、それを置くことでペットとの遊びをさらに充実させられます。

庭にシャワーや足洗い場を作ることで、ペットのシャンプーなどを外でできますし、お部屋がびしょびしょになることもありません。

庭がほったらかしの状態になっているお家は案外多いもの。ペットのためにリフォームをすることで有効活用できますよ。

三協立山株式会社

三協立山株式会社は、住宅やビル、エクステリアなどの建材、アルミニウム製品の開発・製造を行っている企業です。ペット関連では、庭に設置するガーデンルームやデッキなどを開発。

ガーデンルーム「ハピーナリラ」は、家の延長として庭にガーデンルームを作れます。窓からペットが見られますし、ペットも自由に走り回れます。空気が停滞しない作りで風が入るので、温度が上がりすぎることもありませんし、ニオイもこもりません。

お部屋と外の出入り口としても利用できます。

▶三協立山株式会社はこちら

リフォームするときに便利なサービス

リフォームをしようと思った時に、業者を探すのに困ってしまうことがあると思います。そんな時に便利なサービスがあるので紹介します。

リフォーム生活

リフォーム生活は、全国の信頼できるリフォーム会社を調べられるポータルサイトです。

戸建て、マンションのどちらの会社も掲載されていて、リフォームしたい場所に応じて幅広いリフォーム会社を調べられます。

掲載希望店とは面談を行って、業者の仕事への取り組みをチェック。そのチェックを通った信頼できる会社だけが掲載されているので安心です。

また、注意すべき会社の見分け方や契約の注意点なども紹介。防音性や臭い対応した製品など、ペット向けの製品情報も掲載してくれています。

▶リフォーム生活はこちら

まとめ

ペットを飼っている家では、様々な悩みや不便なことが出てきます。リフォームをすることで、ペットも人間も快適に暮らせる家にすることができます。

リフォームでは何をすべきかわからない、どんな会社に頼めばいいかわからないという人もいるかもしれません。しかし、今回紹介した方法や会社を利用することで、きっと満足のいくリフォームをすることができると思いますよ!

家全体をリフォームしたい時には、リフォーム専門のネットワークにお願いすれば、まとまりのある提案をもらえますし、コストも抑えられます。

また、一部分だけをリフォームしたいという場合には、その分野専門の会社に依頼するのがおすすめ。専門だからこそ、機能性に優れたリフォームを行うことができますよ。

リフォームは、優れた会社に依頼すればとても満足のいくお部屋にすることができます。ぜひ、今回紹介した会社に相談してみてくださいね!

この記事を書いた愛犬家住宅コーディネーター

都 裕貴

各地で愛犬家住宅の無料セミナー開催 株式会社愛犬家住宅の都です。 全国各地でセミナー開催をしています。 ペット愛好家のみなさまがペットと快適に暮らせる住まいづくりをサポートします。 ...

エリア:東京都

愛犬家住宅コーディネーター